日本初のプロ野球選手は日本のプロリーグ発足前に存在していた!

日本人初のプロ野球選手は誰だ??
と言う話を「やりすぎ都市伝説」という番組でやってたもんですからね。

ちょっとまとめてみたんですよ。


「日本初のプロ野球選手は日本のプロリーグ発足前に存在していた!」


ジャップ・ミカドという選手がいて、おそらくこの方が
日本人で最初のプロ野球選手という話は前に聞いたことがあったんです。

でも、自分の所属したチームが今で言うメジャーリーグの中でも興業的な
役割を果たしていたり、その後この三神さんが全くプロ野球に関心を
もたなかったことなどは、全く知りませんでしたね~。


先駆者的な役割を果たしていたにも関わらず、そのアメリカでの野球生活の
詳細をご家族にも話さなかったんですから、
よほど職業として行う野球に疑問を持っていたんでしょうね。


そんなサーカス的な役割を求められていたにも関わらず、全力で披露したプレー
がアメリカでも話題になり、それが記憶となって、後生の日本での研究
の一助となったのですから、

日本で野球を教わるときに必ず出てくる”全力プレー”というのは、
やはり素晴らしいことなんだと思いましたよ。


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb