メジャーリーグでホントにあった恐るべきトレードとは?!

プロ野球シーズンも、日本シリーズが終了するとFAやトレードの話題で
盛り上がりますよね。

今年は、誰がメジャーに行くのか?
国内に移籍するFA選手の目玉は?
外国からやってくる超大物選手!!

のような文字が新聞からインターネットまで至るところで
踊るようになります。


メジャーリーグでは、2013年シーズンのイチロー選手のように、
前日までシアトルマリナーズに所属してニューヨークヤンキースと戦っていた選手が、
次の日には、その対戦相手であるニューヨークヤンキースのプレーヤーになっていた

という話も少なくありません。


さて、そんなメジャーリーグの世界では、かつてこんなトレードもあったのだとか!

1972年のシーズン中、ニューヨークヤンキースの投手であるフリッツ・ピーターソンは、
同僚のマイク・ケキッチ投手とトレードとなりました。


???


同じチームでトレードってどういうこと?
となりますよね。

実は、この2人、奥さんと子供とペットを取り替えたのです!


この両投手、それぞれ2人の子供がいたのですが、上の子供とペットを連れて
違う奥さんの元へと走ってしまった、ということです(笑)


噂では、フリッツ・ピーターソンがイケメンで、マイク・ケキッチの奥さんが
べっぴんさんだった、
そして、マイク・ケキッチが冴えなくて、フリッツ・ピーターソンの奥さんがぱっとしなかった

ということで、組み合わさるべきように組み合わさったと思われたようですが、
数ヶ月後にあっさり破綻となったようです(笑)


そして、傷心(?)したマイク・ケキッチは1974年、当時前後期制だった日本プロ野球界へとやって来ました。
後期から日本ハムファイターズに入団したのですが、成績はさっぱり!

後期だけ戦って、あえなく帰国の途につきました。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb