2014年デビスカップ-日本とチェコ以外の組み合わせは大接戦!!

今年のデビスカップ、準々決勝を戦った日本は、残念ながらチェコを相手に1つの星も取れず終わってしまいました。

ところが・・・・・。
な、なんと、他3試合の組み合わせがすべて「2-2」の大接戦になっているじゃないですかっ!


2014-04-07_1

この組み合わせ、まさかのイタリアが逆転勝ちです!
でも、イタリアは決して弱くないんですよっ。

イタリアの1位と2位であるフォニーニとセッピが実績もあり強力ですから、どうかなぁと思っていたんですけどね。

2日目のダブルスを終えた時点で、
「おっ、こりゃイギリスか!」
と思ったんですよ。

まぁ、そりゃあ”2-1でイギリスがリード”して、3日目に行けば、第1試合はマレーが登場しますから。
「3-1でイギリス♪♪」
と思うじゃないですか!


ところが・・・。マレーがフォニーニにまさかのストレート負け。
実は、イギリスはマレー以外が肝で、強い選手がいないんです・・・・・。

マレーが負けた時点で、イタリアの残りはセッピですからねぇ~。
「こりゃ、あかんっ!」
と思ったら案の定セッピのストレート勝ち。

結局、期待していた9月の準決勝での「スイス VS イギリス」はなくなったわけです。


まぁ、どうせスイスも苦戦しているし負けたかも・・・・
と思ったら、スイスはワウリンカが意地を見せましたねぇ!


2014-04-07_2

でも、ククシュキンに1stセットを取られても、それほど動きも悪くなくウィナーも取れていましたからね。

もしかすると、”国内の注目を浴びて”とか”国を背負って”・・・とかではなく、
「フェデラーがいるのにスイス人1位」
というポジションを重たく感じているのではないかな、と心配していたのですが、この試合は何とか勝てそうな気がしていました。


案の定、2ndセットからは完全に息を吹き返しましたね。

2014-04-07_4

結局、セットカウント3-1で見事にククシュキンに勝利。
これでチーム戦2-2のタイに戻しました。



ん、ということは・・・。



やっぱり役者に大役が回ってきますなぁ(笑)


最後に登場するのは、現地で見ている観客達もお待ちかねの”あの方”ですからねぇ。
これはスイスの勝ちかなぁ~。



さて、最後。
これはもう大逆転でした。

2014-04-07_3

フランスは、1位のガスケが今回出場していませんが、ツォンガとモンフィスが出場していますからねぇ。
ドイツには申し訳ないですが、ドイツの今回のメンツであれば、日本とチェコのように
フランスの「5-0」圧勝という結末でもおかしくなかったはずなんですよ。


ところが・・・・・。

初日を終わって「2-0」でドイツがリード。

ドイツは、「トミー・ハース」、「フィリップ・コールシュライバー」、「フロリアン・メイヤー」のドイツ上位三人衆が出場しておらず、1位の選手のランキングは”93位”の選手。

誰もがフランス絶対有利と見ていたはずです。


しかし、これがデビスカップの分からないところなんですよね。
ツォンガもTop100圏外の選手に負けてるし・・・。



しかし、今回の準決勝進出がここ5年で3回目となる強豪フランスですから。
やはり、最後の最後で実力の差を見せつけてくれましたね。



いやぁ、ここまでどの試合も接戦になるとは思いませんでしたねぇ~。
現在の「ワールドグループ制」は1981年に始まったんですが、準々決勝4試合の内3試合で、2-2となって最後まで決着が着かなかったのは、史上初のことです。

今回のドイツのように、必ず上位選手が出場するとは限らないデビスカップでは、結構一方的な試合になったりすることも多いんですが、今年はどこが勝ち上がってくるのか全く予想がつきませんね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb