2014年デビスカップ準々決勝-ワウリンカのまさかとフェデラーのスーパーショット

2014-04-05_1

各地域で、デビスカップ準々決勝が行われているこの週末の3日間。
準決勝進出が確実視されている「スイスチーム」は、なんとスイス陣営1位のワウリンカが初戦で敗北を喫してしまいましたねぇ~。


「自国でのプレーは、いつでも大きなプレッシャーがある。」
と語っていたワウリンカ。

スイス第二の都市であるジュネーブ、コアントラン国際空港のそばにある「パレクスポ」で開催されているカザフスタンとの一戦。

15,000人以上の観客が詰めかけ、圧倒的地元スイスの応援が鳴り響く中行われています。
“スイス有利”
というより、
“おらがスイスの3連勝で3日目は関係ないっショ”

と余裕で観戦しているはずだったスイス人のテニスファンにしてみたら、初戦のワウリンカ戦が終わったときには悲鳴に近いざわざわした雰囲気となっていましたね。


そのせいもあってか、その後第二試合に登場したフェデラーにはもの凄い大声援が送られました。


2014-04-04_2
相手のククシュキン(ランキング56位)が現在のカザフスタンではトップの選手ですが、フェデラーとの対戦成績は1勝負け無し。
今回2度目となる対戦もストレート勝利。
1度のブレークも許さぬままの勝利となりました。


「はっきりしていることは、ぼくはスタン(ワウリンカ)が最後の最後までリタイアせず戦ってくれると信じているということ。
彼の試合は今日は不運だった。
ゴルベフの方が本当に上手くプレーしていたと思うよ。」
試合後にそう語っていたフェデラーとワウリンカで、シングルスとダブルスの全部を戦う予定の今回。

“まだ初日、最後にはスイスが勝つよ”という自信の現れも垣間見えますね!

↓「フェデラー VS ククシュキン」フェデラーのHotShot


カザフスタン側は、監督が試合前に「1勝1敗で初日を終えれば全然行けるぞ!」と選手達に”はっぱ”を掛けていたそうですから、気持ち的にはカザフスタンが乗っているかもしれませんね。

さて、2日目のダブルスはフェデラーとワウリンカが組みます。
このペアはダブルスも強くて、直近だと3月のインディアンウェルズで準決勝まで進んでいます。

カザフスタンのダブルスペアも特別強い選手達ではありませんが、強い者同士が組んでも順当に行かないのがダブルスのおもしろいところでもありますから、
スイスチームにとっては、3日目のシングルスマッチに弾みをつけたいところですね!


ところで、デビスカップのホームアンドアウェイ方式というのは、A国とB国の対戦の場合、前回の対戦がA国ならその次の対戦は自動的にB国での開催となります。
これは、年をまたいでも引き継がれます。

前回この両チームは、2010年に対戦していますが、その時はカザフスタンのアスタナで行われ、カザフスタンが地の利を生かして5-0でスイスを破っているんですね。


今回、スイスの地元開催でありながら、スイスの皆さんにとってはハラハラドキドキの展開となっていますが、とりあえずフェデラーがタイに戻してくれたので、一安心というところでしょうね。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb