2014年デビスカップ-WorldGroup入れ替え戦-スペインがまさかの・・・

2014年デビスカップスペインが黒星

デビスカップって何??という方は、まずこちら↓をご覧ください。
「デビスカップって何?」


「スペイン」と言えば、
「デビスカップで1996年以降は常に”Worldgroup”に所属」
「クレーコートに強い」

というチームですね。

シングルスTop100に「10人」以上の選手がいる強力スペインチームが
まさかのデビスカップ、「WorldGroup」から転落、となってしまいましたね。


1999年以降のデビスカップで、クレーコートでは一切負けた事がなかったそのスペインですが、

強力なメンバーである
「ラファエル・ナダル」
「ダビド・フェレール」
「フェルナンド・ベルダスコ」
「フェリシアーノ・ロペス」
の4人が不参加。

敵地、ブラジルでの試合で不利だったとは言え、これらのメンバーがいなかったのは
さすがにスペインにとっても、きつかったかもしれませんね。

2014年デビスカップスペインがまさかの敗戦

「最も大きな勝利だと思う。
スペインに対して母国でプレーする最大のチャンスだった。
チームにとっても重要だったこの最後のポイントを獲得できて、
今日は最もよいプレーが出来たと思う。

試合中、アグがそれほど良い調子ではないと思った。
多くのミスをしていた。
ブラジルの大勢の観衆に対してプレーするプレッシャーを感じていたのかもね。
彼より少しだけ試合のキーとなる部分をコントロールできていたと思う。」

と、勝利したブラジルの「トーマス・べルッチ」が語っていましたね。

今回参加していたスペインチームのNo.1である「ロベルト・バウティスタ=アグ」と
No.2である「パブロ・アンドゥハール」を倒したベルッチは、

母国開催のこの2試合で大歓声をバックに戦っていました。


さて、2000年以降、5度のデビスカップ優勝を成し遂げているスペインを見事に破ったブラジル。

サッカーだけにとどまらない見事なチームワークで、
来年は日本と同じ「WorldGroup」で戦うことになります。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb