2014年ソニー・オープンのドロー表

インディアンウェルズに続いて、マスターズ1000の「ソニー・オープン」が開幕します。
早速、ドロー表も発表になりました。


2014-sonyopen-mens1

2014-sonyopen-mens2

※見づらいと思いますので、こちらの公式ページから直接PDFファイルをダウンロードしてみてください。

ランキングを5位に上げたフェデラーが今大会は第5シード。
上手く(?)行けば、錦織 VS フェデラーが見られるかもしれません。

錦織選手から見ると、ディミトロフ → フェレール → フェデラーとなりますかね~。
う~ん・・・そこそこ多難ですな(笑)


成長著しいディミトロフもいつの間にかランキングを16位まで上げていたんですね。


通算成績は、2013年の上海マスターズで錦織選手がストレートで勝利した1勝0敗と、対戦がほとんどありません。


2014-03-18_3

インディアンウェルズでもいい動きを見せていたディミトロフですから、今回は簡単に勝たせてもらえないかもしれませんね。

ディミトロフに勝利すれば、早くもトップ5との戦いを強いられます。
錦織選手にとっては、フェレールやフェデラーが相手の場合、勝利した経験もありますから、ナダルやマレーよりは対戦しやすいかもしれません。


インディアンウェルズでは、後一歩のところでフェデラー戦に届かなかったですからねぇ~。
今回は、何とか勝ち進んでいって欲しいと思います。



さて、女子の方はインディアンウェルズを制したのが全くの予想外でしたが、イタリアのペネッタでした。

上位陣は、ラドワンスカとナ・リー以外が早々に敗退してしまい、セリーナも出場していなかったため、申し訳ないですがこの選手の優勝は予想できませんでした。

今回のソニー・オープンはセリーナも復帰しましたが、アザレンカやシャラポワもイマイチ調子が上がってこないですからね~。
今の女子は、誰もが優勝を狙えるチャンスがあるかもしれません。


2014-sonyopen-women1

2014-sonyopen-women2

例によって、見づらい場合はこちらからPDFファイルをダウンロードしてくださいね。ソニー・オープンの公式ページのドロー表ってものすごく見づらいんですよ(T_T)苦労します・・

日本人では、奈良くるみ選手がインディアンウェルズに引き続き出場します。
一回戦を戦って勝つと次は・・・あっ!シャラポワだ・・・。


まぁ、番狂わせを起こす力はありますからね。期待して見たいと思います。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb