2014年インディアンウェルズも閉幕

今年も、マスターズ1000の中で一番大きな大会である「インディアンウェルズ(BNPパリバオープン)」が閉幕となりました。

見応えのある試合が多かったですが、最後まで残ったこの2人の試合も最後まで目の離せないゲーム展開となりましたね。


↓フェデラー VS ジョコビッチの全編です!

1stセットだけを見ると、ここまでの5試合で1セットも落とさなかったフェデラーが、このままストレートで優勝するかなぁ~と思いましたが、いやはや、そこはジョコビッチも簡単には優勝の座を譲ってはくれませんでした。

結局は、ドバイから続いてきたフェデラーの11連勝を止め、決勝で劇的な3セットを勝ち抜き、そしてインディアンウェルズでのキャリア3度目(2008年、2011年、2014年)のタイトルをジョコビッチが獲得したというわけです。
しかも、ジョコビッチは3回の優勝はすべてフルセットまでもつれ込む、という彼にとっては簡単に勝たせてくれない大会でもあるのです。


さて、試合を振り返ってみると、やはりこのゲームのポイントは、3rdセットの第10ゲームでしょうね。


ジョコビッチの1ブレイク、5-4とジョコビッチリードで迎えた第10ゲーム。
ジョコビッチのサービスゲームで試合は終わったかな・・、と思いましたがこのゲームで、ジョコビッチにしては珍しくミスショットが立て続けに起きました。

このゲーム、フェデラーに40-0とリードされ、3回のブレークチャンスを与えてしまい、そのままフェデラーにブレークされてしまいました。


ここで、流れが変わるかと思ったのですが、そのまま進んだタイブレークでジョコビッチは今一度集中力を上げてきましたね~。
さすがに強さを見せつけてくれました。


「Winnerでのポイントはものすごく少なくなるだろうな、と今日の試合前にも言ったとおりのことが本当になってしまったね。」

「ロジャーはとてもハイレベルなプレーをしていた。
ここ1年見てきた彼のプレーより全然良かったんだ。
勝つためには最後の瞬間まで集中して試合を自分の優位なように持って行く必要があった。
まぁ、なんだかんだとやりきったよ。この大会を通して自分の成績には大いに満足しているさ。」


と、ジョコビッチも語っていましたが、2013年の不調だったフェデラーとは違いを感じたようですね。
2週間前のドバイの準決勝ではフェデラーに敗れていたジョコビッチは、”この試合も簡単ではなかった”ということのようです。


2014-03-18_1

「Total Points」がWinnerの数ですが、お互いに全体の半分しか取れていないんですねぇ~


インディアンウェルズの優勝でジョコビッチがツアー通算42勝目を勝ち取り、マスターズ1000では17勝目となりました。
マスターズの17勝はアンドレ・アガシと並んで歴代3位の数字です。

【マスターズ1000の優勝回数ランキング】

1位—ナダル(26回)
2位—フェデラー(21回)
3位—ジョコビッチ(17回)、他)アンドレ・アガシ


そして、この両者の対戦成績は、フェデラーの17勝16敗と拮抗しています。


当然、今シーズンもまだまだ顔を合わせることはあるでしょう。
ここ最近の戦績では、ジョコビッチに1勝4敗と分が悪いフェデラーの勝利を是非とも期待したいものですね!


ちなみに、インディアンウェルズの優勝回数はフェデラーが最多となっています。

【インディアンウェルズ(BNPパリバオープン) 優勝回数】

1位—フェデラー(4回)
2位—ナダル、ジョコビッチ、マイケル・チャン(3回)

マイケル・チャンって・・・・・そうです。あのチャンです(笑)
現在は、錦織圭選手のコーチですね。


そして、何よりも今回はベスト4に残った選手の内、2選手が現在のBig4(ナダル、ジョコビッチ、フェデラー、マレー)以外の選手でした。

一人は、ナダルを破ったドルゴポロフ。
そして、もう一人はイズナー。

イズナーはこの大会終了後にランキングも10位まで上げてきましたね。


あと一つ・・のところで、ジョコビッチやフェデラーに勝利することができませんでしたが、
今後、このような”顔”が出てくることも期待したいですね。


というのも、2011年から数えて「マスターズ1000」の大会は、今回のインディアンウェルズで28回目。
その内、なんと「27回」はこのBig4が優勝しているのです。

というか、ここ3年ぐらいは、マスターズ1000と言えば“ほとんどBig4の彼ら以外優勝できていない”、ということになります。

唯一、2012年のBNPパリバマスターズ(パリ)でフェレールが優勝したのが最後。
いかに、Big4の力が強大か・・ということが分かりますね~。


そういうこともあって、今回のような「Big4を倒して前に進んできたような選手」には注目しますし、願わくば錦織選手にもこういった顔に加わって欲しいなぁ、と思ってしまいます。


2014-03-18_2

さてさて、インディアンウェルズは閉幕しましたけれども・・・
一息つく間もなくソニーオープンがもう開幕しますからぁ~(汗)


色々忙しい・・というのはいいことなんでしょうね(笑)


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb