2014年インディアンウェルズもベスト4へ

2014年のインディアンウェルズもベスト4の一角が出そろいました。

その一角は、ナダルだろうと思っていたのですが、そのナダルを破ったウクライナのドルゴポロフがフェデラーと対戦することになりました。

特徴のある変則プレーヤーなので、フェデラーがどのように対処するかが見ものですね。


両者の対戦成績は、これまでフェデラーの1勝です。


2013-03-14_1

4回戦、準々決勝と上位のシード選手と当たってきたフェデラーですが、
スコアを見る限り、非常に安定した力を発揮していますね。


【4回戦】
VS トミ・ーハース(第11シード)

2014-03-14_3



36歳を迎えたハースとの一戦は、ハースがとても30も後半に入った選手のキレとは思えないほど、コート内を走り 回っていました。
フェデラーも試合後のカンファレンスで、「ハースのいいところは、コート内で見せるあの強靱さだ。彼が放つどのショットにも意味があり、彼の考えがある。」
と絶賛していましたね。


【準々決勝】
VS ケビン・アンダーソン(第17シード)

2014-03-14_2

↓※フルなのでちょっと長いです。

アンダーソンとの試合の中では、こんなスーパーロブショットを放っています。
身長が2mあるアンダーソンの頭の上を越えてもなお、コート内に落ちる・・・
スーパーショットに観客も沸いていますね。




2014年のフェデラーを追っている
「復活なるか!2014年のロジャー・フェデラーを追う!」
にも、今回の戦いぶりをまとめていますので、ご覧ください。


前週に、ドバイで決勝まで戦ったため、ここフロリダに乗り込むのが少し遅くなったフェデラーですが、
ここまでの戦いで、ベスト4まで残ったことにはまずは満足しているようです。
春の祭典第1弾、ここインディアンウェルズで今季2勝目を期待したいところですね。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb