2014年パリ・マスターズ-今年のマスターズ総括とパリのスーパープレイ集

いわゆるBig4(N.ジョコビッチ、R.フェデラー、R.ナダル、A.マレー)の独壇場が長らく続いてきた「マスターズ1000」レベルの大会も、今年はだいぶ様相が変わってきましたね。

「パリ・マスターズ」も終わってみれば、ベスト4に残ったのは、「ノバク・ジョコビッチ」、「ロジャー・フェデラー」の常連組と「錦織 圭」、「ミロ・ラオニチ」の若手躍進組。

結局優勝はジョコビッチとなったものの、今年1年のマスターズは極めてBig4以外の強さも目立つ年となりました。

一年間の9大会で、Big4以外のマスターズ優勝者が2人以上出たのは、2010年以来となります。

■モンテカルロ・マスターズ
スタン・ワウリンカ

■ロジャーズ・カップ
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ


一方、Big4は7大会でマスターズ優勝を獲得しました。

■インディアンウェルズ
ノバク・ジョコビッチ
■ソニー・オープン
ノバク・ジョコビッチ

■マドリード・オープン
ラファエル・ナダル

■ローマ・マスターズ
ノバク・ジョコビッチ

■シンシナティ・マスターズ
ロジャー・フェデラー

■上海マスターズ
ロジャー・フェデラー

■パリ・マスターズ
ノバク・ジョコビッチ



しかし、準優勝者は、実に4大会でBig4以外となりました。

■マドリード・オープン
錦織 圭

■シンシナティ・マスターズ
ダビド・フェレール

■上海マスターズ
ジル・シモン

■パリ・マスターズ
ミロ・ラオニチ


錦織選手とシモンはマスターズ決勝は初。
ラオニチは昨年のロジャーズ・カップに続いて2度目と、新しい顔がマスターズで決勝まで残るようになりました。

来年は、今年よりもBig4以外のタイトル獲得選手がもっと増えてくれるとさらにおもしろくなりそうですね。


それでは、最後にパリでのスーパープレイ集をご覧ください!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb