2014年インディアンウェルズも中盤へ

2014-03-11_1
男子、女子とも波乱が起きている今年のインディアンウェルズ。

男子では、昨年の覇者であるナダルが3回戦で姿を消してしまいましたね。
昨年のこの時期は、ケガから復帰後初の大きな大会でもあり、この大会の優勝からその後の快進撃へと続いていきました。

今年は、全豪オープンで決勝まで進みましたが、ワウリンカに敗れ準優勝に終わっていたナダル。
今大会の初戦となる2回戦でシュテパネクに勝利したものの、ゲーム時間が2時間30分弱という少し苦しいゲーム展開となっていたので、少し調子を落としているのかもしれません。

女子でも、第3シードのアザレンカが初戦で姿を消してしまいました。

2014-03-11_2

ここ最近の傾向を見てみると、必ずしも男子・女子とも絶対的に強い選手ばかりが勝つようなゲームばかりではなくなってきたような気がします。


いわゆる「波乱」と呼ばれる上位選手の早々な敗退を「予想外の出来事」として片付けるのではなく、
上位選手、特に”ビッグ~”と呼ばれるような選手であったとしても簡単には勝たせてもらえなくなった、ということも意味するのではないでしょうか。


そんな下克上が乱立する中でも、今年のフェデラーはやはり好調を維持していますね~。

2014-03-11_3

先週のドバイ・デューティー・フリー選手権での優勝を手土産に、ここフロリダに乗り込んできたわけですが、シングルスはもちろん、ダブルスでも快進撃を続けています。

残念ながら、「錦織圭3回戦で敗退!」と言うニュースが飛び込んできたため、フェデラーとの通算3度目の戦いは
“またいつの日か”

と言うことになってしまいましたが、フェデラーがこの調子でいくと2週連続のツアータイトル獲得も夢じゃないかもしれないですね。


相手は、同じくベテランのトミー・ハース。
通算では12勝3敗と大きく勝ち越しているので「フェデラー有利」と見られていますが、現在ランキング11位のハースが相手ですから、そんなに簡単には勝たせてくれないでしょう。

是非とも良い試合を期待したいですね~!


そして、仮にフェデラーが準々決勝に進むと・・・
もしかすると・・・

そう、同胞のワウリンカと対戦するかもしれませんね。

現在ランキング3位まで上り詰めたワウリンカ。
ダブルスで組んでいる相手、そしてお互いよく分かっている相手でもあります。


まず、今大会最初の見所がやって来そうな予感です♪


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb