2014年ローマ・マスターズ-準決勝進出を決めたナダルはやっぱり不調?!

2014年ナダルがマレーを破る

2011年の楽天オープン以来、久々の対戦となった「ナダル VS マレー」。

この楽天オープンの時は、セットカウント「2-1」でマレーの勝利。
最後のセットは、「6-0」という一方的なゲームでの幕切れとなっていました。


あれから、3年近い月日が経ち、今回は過去7度の優勝を誇るナダルが得意とする大会での対戦となった両者。

最後は接戦となりましたが、「1-6、6-3、7-5」でナダルが逆転で勝利し、準決勝へと無事に到達しました。


クレーコートが得意ではないマレーにしてみたら、やはりナダルとクレーで対戦すること自体不利となるでしょうね。

マレーは過去4度、ナダルとクレーコートで対戦していますが、「この4度の対戦で1セットしか奪えていない」ことを考えると、今回の1stセットの滑り出しは、正に先日のマドリードでの錦織選手と同じように、「何かが違う・・」という雰囲気を会場内にもたらしていました。

1stセットはマレー自身も3度のブレークポイントを握られますが、これをすべて死守し、逆に2度掴んだブレークチャンスはすべて成功し、マレーがあっさりと1stセットを取ってしまうのです。


ナダルにとって調子の良くなかった2011年シーズンでは、先ほども挙げたように楽天オープン決勝で、「0-6」と1ゲームも取れなかった試合がありました。

同じ年の「ツアーファイナル」でもロジャー・フェデラーに「0-6」とやはり1ゲームも取れずに敗戦した試合がありました。


ナダルはそれ以来、今日まで「0-6」でセットを落とした試合はなかったのですが、このマレー戦で、久々に「0-6」を喰らう一歩手前まで来た・・・
ということになります。


しかし一転、2ndセットはナダルが持ち直し、最初のゲームこそナダルのサービスゲームでデュースによる応酬となりましたが、次の第2ゲームでようやくブレークに成功。

このセットは、この唯一のブレークで、「6-3」とセットカウントをタイに戻します。


最終セットは、ゲームカウント「3-2」とマレーリードの第6ゲーム。
ナダルのサービスゲームで、マレーが「40-0」と3度のブレークチャンスを手に入れます。

しかし、ナダルはここから「40-40」のデュースまで何とか戻します。
それでも結局、このゲームは、マレーが見事にブレークに成功。


ゲームカウント「4-2」とマレーがリードし、後2ゲームでマレーが勝利・・と言うところまで来ました。 (後2ゲームって、先週のマドリードの決勝と似たような感じですね・・)


しかし、王者ナダルはここから巻き返します。


次のマレーのサービスゲームをすぐにブレークすると、ゲームカウント「5-5」で第11ゲームはマレーのサービスゲーム。
このゲームをナダルは「ラブゲーム」でブレークに成功します。


最後は、ナダルが締めて、この試合も2時間40分とナダルにとって長い試合の末に勝利を掴んだ、ということになりました。


2014年ナダルVSマレー

クレーコートでは、圧倒的な強さを見せてきたナダルですが、やはりこのマレー戦もだいぶ苦労しましたね。


ナダルが苦労している証として、このローマでは、2005年以来実に9年ぶりとなる、
「3試合連続ファイナルセットまでもつれたゲーム」を演じています。


今年のバルセロナ、マドリードもそうでしたが、ここまでナダルが大会の緒戦でセットを奪われるのは、本当に珍しいことですね。

ローマに至っては、どの年もほとんどストレートで勝ってきただけに、
「やはり不調なのか・・・」
という目も向けられてしまうのでしょう。


ただ、何だかんだ言っても、マドリードからの連戦で、このローマも4強まで来るわけですから、
やはりフィジカルもメンタルも強い選手なんだ、と改めて思わされます。


マレーも、「最後の最後は、身体的な面が相手の方が上だった」
と認めていますしね。


さて、ナダルの次の相手は、若手有望株の「グリゴール・ディミトロフ」となりましたね。

2014年ローマナダルVSディミトロフ

この両者、ナダルが「4勝0敗」とリードしているものの、ディミトロフはナダルとの4度の対戦全てで「セットを1つは取っている」んですね。

ちなみに、先日マドリード・オープン決勝で、錦織選手が1stセットを取りましたが、
それまでの過去6度の対戦で、セットを取ったのは実に2度目。

いかに、ナダルからセットを奪うことが難しいか、ということですが、
ディミトロフは、どの試合も確実に1セットは奪うのです。


そう言った意味では、クレーのナダルを倒しそうな雰囲気を一番持っている選手のように見てきましたが、
ここに来てようやく対戦が実現しました。


今年の全豪オープンで対戦した時もディミトロフが良い試合を見せていましたから、大いに期待をしたいところですね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb