2014年ローマ・マスターズ-マレーが昨年のリベンジを果たし3回戦進出!

2014年ローマのマレー初戦

今年、何かと話題の少ない「アンディ・マレー」。
当サイトでの出現率も結構低めだったりします(苦笑)


それもそのはずで、今シーズンここまで参加した大会では、アカプルコ(メキシコ)での準決勝進出が最高で、ファイナリストにもなっていなければ、タイトルの獲得数も今だ0!


昨年の9月に、背中の手術を受けてからここまであまり調子のよくない日々が続いていますね。


さて、今回の「ローマ・マスターズ」では、まず初戦を順当に突破しました。


相手は、昨年と同じ組み合わせとなったスペインの「マルセル・グラノジェルス」で、「6-2、7-5」とストレート勝利となりました。

昨年は、3rdセットに入る直前にマレーが棄権を申し入れたため、グラノジェルスの勝利となっていましたが、今年も同じカードとなったマレーは、「リベンジを果たした」ということになりますね。


イワン・レンドルコーチとのパートナー解消や、ケガ以降の自身のフォームがしっくりこないことなど問題が多かったマレーですが、このローマが復活を遂げる場所になるかもしれません。


「目にゴミなどの色んな物が入ってきたよ。
強風だったし、エンドの片方に立つと、ボールをベースラインの奥深くまで入れるのも本当に大変だった。 次からはもう少し穏やかな試合がしたいね。」

と、どの選手も強風のコンディションに悩まされた試合が多くなっている中、マレーも例外ではなかったようです。


昨年、あのウィンブルドンでの劇的な優勝を遂げてから、まだ一度もファイナリストまで到達していないマレー。
さらに、クレーコートでのタイトルも今だ獲得した事がありません。


ローランギャロスの前哨戦第2ラウンドとなる「ローマ」で、復活の狼煙を上げられるか・・・。

マレーの3回戦は、これまでの対戦で負けたことのない「ユルゲン・メルツァー」となります!


↓マレー VS グラノジェルスのハイライト

roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb