2014年マドリード・オープン-ジョコビッチが欠場

2014年のマドリードを欠場するジョコビッチ

「マドリード・オープンに参加しないことになってしまい、大会関係者並びにスペインのファンの方々にお詫び申し上げたい。」


モンテカルロ・マスターズの準決勝で、「ロジャー・フェデラー」に敗れた後、右手首のケガの状態を発表したジョコビッチが、5月最初のマスターズである「マドリード・オープン」に参加しないことが決定しました。

いやぁ、モンテカルロ後の発表では、”それほど大したことではない”、という感じでしたが、
どうやら痛みが再発してしまったようですね。


先日、ツイッターでエレナ夫人の妊娠を発表したばかりで、この5月のさらなる飛躍が期待されていただけに、非常に残念な結果となってしまいました。


「大きな大会の1つであるマドリードでプレーするために、何でもやってきました。
しかし、不運にも右手の痛みが再発してしまいました。
今は、痛みを治して回復するまでに時間が掛かるかもしれません。
ローマに向けて準備したいと思います。」


3年前の2011年に「ラファエル・ナダル」を破って、マドリードでの初優勝を飾ったジョコビッチ。
今年は、自身2度目のマドリードのタイトル、
そして、ランキング1位の座を奪い返すための戦い・・・

となるはずでしたが、とにかく早期復帰に向けて万全に治してほしいですよね。


幸いにも、他の「マスターズ1000」の大会に比べて、このマドリードは、
昨年、初戦(2回戦)で「グリゴール・ディミトロフ」に敗れたため、
保有ポイントが少ないのです。

今回、マドリードを欠場しても、失うポイントは「たったの10pt」。

まぁ、そういうことも鑑みて、今回”大事を取った”ということでもあるのでしょう。


「来年、マドリードに戻ってきたい。」

そう語ったジョコビッチ。
次のローマまで、1週間・・・。


元気な姿で戻ってくることを願ってやみませんね。。。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb