2014年のインディアン・ウェルズ-テニス春の祭典-

indianwells
今年のテニスツアーも、早くも「春の祭典」を迎えることになりました。


まずは、16日まで続く「インディアン・ウェルズ(BNPパリバ・オープン)」ですね。


アメリカのカリフォルニア州、インディアンウェルズで行われる「マスターズ1000」の戦いです。
マスターズ1000の中では一番賞金が高いこの戦い。
毎年、グランドスラム並みに盛り上がる大会としても知られています。


さてさて、エントリー選手が発表されましたが、今年も揃いに揃いましたね♪


男子の方は、現在の上位10人の中では、ダビド・フェレール(スペイン)以外は全員出場しますね。
女子の方は、セリーナ・ウィリアムズが欠場するようです。

日本勢は男子がもちろん錦織圭、女子が先日ブラジルのリオ・オープンで初優勝した奈良くるみの2選手が出場します。


男子の昨年の覇者はケガから復帰後初のビッグトーナメントとなったナダルでしたね。
決勝のデル=ポトロ相手に序盤は苦戦しましたが、第2セットの中盤からギアを入れたところには、見ている者を唸らせるような貫禄を見せつけていました。

とりあえず昨年の上位10選手のプレーはこちら↓

今年は、男子ビッグ4の中ではやはり、フェデラーとナダルの調子がいいですね。
マレーはケガからの復帰明けでイマイチ動きが悪いし、ジョコビッチは今シーズンは全豪オープンとドバイの2大会に出場して、共に決勝まで進んでいません。
ジョコビッチは、昨年までの3年間、全豪オープン優勝で勢いをつけていましたから、
今年は今だ波に乗れていないのかもしれませんね。


そして、今年の全豪覇者のワウリンカ。


2009年全米オープンのデル=ポトロ以来、ビッグ4(あ、ちなみにビッグ4とはナダル・ジョコビッチ・マレー・そしてフェデラーの4人のことです)以外がグランドスラムを制したことでも話題になりましたよね。
今年はチェンナイ、そして全豪と2大会連続でツアー優勝。
全豪以降、ツアーに参加しておらず時間が空いているのが気がかりですが、もちろんワウリンカにも期待です!


さぁ、この後のソニーエリクソンオープンへと続く”テニス春の祭典”。

1ヶ月間、見応えのある試合を期待したいですね。


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb