2014年モンテカルロ・マスターズ-ワウリンカがマスターズ初制覇!!

マスターズ1000で初優勝のワウリンカ

スイス人対決となったモンテカルロ・マスターズの決勝戦。

世界ランキングでも3位、4位と連なる「スタニスラス・ワウリンカ」と「ロジャー・フェデラー」の一騎打ちとなりました。


これまで両者の対戦成績は「13勝1敗」とフェデラーが圧倒しています。
唯一フェデラーがワウリンカに負けた大会は、くしくも2009年でのここ「モンテカルロ」でした。


そして、今回。


15回目の対戦となったモンテカルロの決勝戦は、4-6、7-6(5)、6-2でワウリンカが見事にモンテカルロ・マスターズ、そして大会グレードの「マスターズ1000」で初優勝を飾りました。


ワウリンカは、2008年のローマ・マスターズと2013年のマドリード・マスターズでファイナリストになっていますが、いずれも準優勝で終わっています。


準決勝のフェレール戦に勝利し、「マスターズ1000」で通算100勝を達成したワウリンカ。
「マスターズ1000」で歴代59人目の勝者となった瞬間でした。


「ロジャーとの対戦はいつも特別さ。
いつも奇妙に感じるけど、特に今回の決勝という舞台ではね。
ツアー中は一番の友人なんだ。お互いに本当に尊敬している。
試合に勝つためにコートで戦い続け、その後はまた一番の友人になるんだ。
試合中は勝つために何でもするよ。今日は自分が優勝できてとても嬉しいよ。」


と自身初のマスターズ1000の優勝を喜んだワウリンカ。

過去36回で見ると、開催されたマスターズ1000では何と「34回もBig4が優勝している」ということは、よく書いていますが、今回はそのBig4以外が久しぶりに「マスターズ1000」を制覇した、ということにもなるのです。

「勝てるとは思っていなかった。ドローを見たら周りが強すぎて・・。」

確かに下手をすると、初戦から3戦目まで、クレーコートに強いスペイン人3人衆(フェルナンド・ベルダスコ、ニコラス・アルマグロ、トミー・ロブレド)と対戦する可能性もあったのです。


ただ、運がいい時というのは、こんなものなんでしょうねぇ。

前週のヒューストンで開催された「全米男子クレーコート選手権」に出場して決勝まで戦い抜いた「フェルナンド・ベルダスコ」と「ニコラス・アルマグロ」は、このモンテカルロではそれぞれ、「不参加」、「棄権」という形になってしまったんです。


そして、ロブレドはカナダの「ミロ・ラオニチ」に敗れて去っていきました。


今年、勝ち運に乗っている感のあるワウリンカが天までをも味方に付けた・・・
そんな感じでしたよね。


「もちろん、スタン(ワウリンカのこと)の優勝はとても嬉しいよ。」
と敗戦後もさばさばした様子で話すフェデラー。


「初のグランドスラムに初のマスターズ1000と、彼にしてみれば大きな勝利だね。

スタンは、最後まで強かった。
優勝にふさわしいと思うよ。
自分も必ずしも悪いテニスではなかったけど、思い通りにリードを広げることもできなかったね。」


今日の試合前のウォーミングアップも、さらには前日の夕食でさえも一緒に摂ったというこの両者。

どちらのコメントにも相手を思いやる言葉がスラスラと出てくる感じですね。


さて、これでワウリンカは今年唯一、ツアーで3勝目を飾った選手となりました。
(※1月のチェンナイ・オープン、全豪オープンで優勝)


いつもこの時期だと、ナダルやジョコビッチがそう言う役回りをしていましたが、今年はこの後の各大会でもどう転ぶか分かりませんね。


今日の試合で、ワウリンカはフェデラーに2つのブレークを許してしまいましたが、ここに来るまで、自分のサービスゲームを1つも落とさず決勝まで進んでいました。

ワウリンカとフェデラーの対戦結果

さすがに初優勝を掛けた大一番の序盤は少し緊張もあったと思いますが、
見事に初のリフト・ザ・トロフィーです!!


これで、ワウリンカは今シーズン、ナダル、ジョコビッチ、フェデラーと「Big4」をことある事に倒していますね。

29歳で大ブレーク中のワウリンカ。
シーズン後半に向けてどこまで突っ走るのか注目したいですね!!


↓2014年モンテカルロ・マスターズ決勝戦のハイライト




roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb