2014年モンテカルロ・マスターズ-3年ぶりにこの地に帰ってきたフェデラーが登場!

3年ぶりにモンテカルロに帰ってきたロジャー・フェデラー

ここモンテカルロに3年ぶりに帰ってきた男が初戦に登場しました。


2011年以来、招待選手として久々に今大会の出場となった第4シードの「ロジャー・フェデラー」です。

チェコの「ラデク・シュテパネク」を6-1、6-2と完全に退け、見事にモンテカルロでの通算「24勝目」を上げました。


「うまくいってとてもうれしいよ。」
と、クレーシーズン開始となる初戦を振り返ったフェデラー。

「もちろん、自分でもうまくいく予感はあった。だから、今のリズムを試合中は常に意識しつづけたんだ。
肉体的にも、気持ちも自由な感じになっている。
ラリーが長くなっても全然怖くないしね。
この怖さが昨年の自分の試合で邪魔になっていた部分だよ。
でも、今はあの頃と違って、プレーしていてすごく楽しい。」
余裕の勝ち上がりを見せたフェデラーは、次戦でまたまたチェコの「ルーカス・ロソル」と対戦します。

フェデラー対ロソル
ロソルと言えば、2012年のウィンブルドン1回戦で、ナダルを破って一躍脚光を浴びた選手ですね。
今月のデビスカップ日本戦でも、来日していました。

さて、フェデラーが2回戦で対戦したシュテパネク、3回戦で対戦するロソル。
実は、この対戦カードの流れって、今年のドバイ・デューティー・フリー選手権と同じなんですね。


そうです。今年のドバイで、フェデラーは優勝を飾っています。


縁起をかつぐのであれば、非常に良い組み合わせカードとなったわけですねぇ(笑)


さて、22度目のマスターズ1000の優勝を勝ち取ることができるか、そして2012年のシンシナティ・マスターズ以来のマスターズ1000での優勝を決めることができるか。

いよいよ、フェデラーのクレーシーズンの始まりです。


↓フェデラー VS シュテパネクの短いハイライト

roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb