全仏2013を戦うクレーの王者

まずはお詫びを。

昨日アップした大谷選手の記事なんですが・・。
遠征での投手登板かと思ってたら、札幌でのゲームでした(苦笑)
文章も修正済みですのでm(_ _)m


”何のことや”、と思った方はスルーして頂いて構いません(笑)


そして、今日の試合も前回の登板同様、DHを使ってましたね。
まぁ投手でいっぱいでしょうから、それがいいと思いましたが・・。
とりあえず、見事初勝利となったようです。コングラッチュですね。

さてさて、
ホントに偏った当サイトのスポーツの話題。


野球とは別にもう一つの話題であるテニスなんですけどね。
現在グランドスラムの一つである「全仏オープン」の真っ最中なんですよ。


日本の錦織選手もシード選手として順調に勝ち進んでいるんですけど、
次の3回戦の試合に勝つとおそらくその後の対戦相手は・・・
ラファエル・ナダル
になってしまうんです。


昨年のウィンブルドン以降ケガで休養していたナダルも今年の1月末から
復帰してきていました。

その様子も↓のようにまとめてたんですが、


「テニス界のビッグ4が揃う!!復活してきたラファエル・ナダルの近況」


まぁ、なんというか・・・・・強いんですよ(笑)

調整でATP250の試合にも出場したりしてたんですが、ここ4ヶ月弱で
参加した8大会すべてで決勝戦まで進んでるんです。

ホントにケガしてたの??
と思わせるぐらいの仕上がりに、あのフェデラーも
錦織選手に敗れたマドリッドオープン(Masters1000)の大会で
”優勝はナダルだろう”
と言っていたのです。


それぐらい調子を上げてきてるんですね。
(そして、マドリッドはホントにナダルが優勝した!)

クレーコートで強さを発揮するナダル。
それを迎え撃つ錦織、という図になればいいなぁと思いますね。

簡単に勝てる相手ではないですが、グランドスラム優勝を目標にしている
錦織選手にとっては、大きな壁を打ち崩す必要があります。

クレーコートの大会でナダルをやぶることになれば
日本だけでなく世界のメディアも大騒ぎとなるでしょう。
注目の一戦(になる)までもう少しですね。


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb