2014年全米オープン-フェデラーが5年ぶりの決勝の舞台まで後3つ!

2014年全米オープンフェデラーが準々決勝へ

5年ぶりの決勝進出を見据えるフェデラーは、4回戦で「ロベルト=バウティスタ・アグ」を「6-4, 6-3 6-2」で退け、全米オープン過去11年で10度目となる準々決勝へと進出しました。


この試合、積極的に前へのアプローチを見せたフェデラーは、ネットアプローチが50回以上となりましたね。


「ベースラインがあまり良く無かった時はサーブボレーを多用したものさ。
前にでることが出来てよかったよ。
だって、多くの機敏さ、爆発性、それを取り戻す必要があってネットにでたわけだから。
ネットプレーは良い感じで良かったよ。
だって、相手の動きを予測できていたからね。
この調子を続けて行きたいよ。」

と語ったフェデラー。

次戦は、8月に優勝を飾った「シンシナティ・マスターズ」の3回戦で対戦した「ガエル・モンフィス」となりました。


2014年全米オープンフェデラーとモンフィス

グランドスラムでは、「ローランギャロス」でしか当たったことがないのですが、すべてフェデラーが勝利していますね。

元々はランキング7位まで上りつめたことのある実力者ですからねぇ~。

抜群の身体能力は、テニスだけではもったいない、と思わせるぐらいのものがありますから・・。


これまでの両者の対戦成績は、「7勝2敗」でフェデラーが若干有利かもしれませんね。


さて、フェデラーがこの全米オープンで自身6度目の優勝を飾ることになると・・・

ジョコビッチの結果次第ではありますが、11月に行われる「ツアーファイナル」に出場するランキングでは、なんと「1位」に躍り出る可能性も出てきました。

久しぶりに「世界ランキング1位」として、シーズンを終える可能性も十分あるわけですね。


さぁ、この4回戦の勝利で、今シーズンの成績を「53勝9敗」としたフェデラーは、
2009年に「全米オープン6連覇」の夢が敗れて以来となる決勝の舞台も視界に入ってきた感じです。

「シンシナティで勝利して、モンフィスにどうやって対応したらいいかは分かっているよ。」

目指すは、2012年のウィンブルドンを制覇して以来となる
「グランドスラムチャンピオン」ですね!


↓フェデラー VS アグのハイライト動画


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb