ベスト4が出揃った全豪オープンテニス!女子はいつの間にか波乱が起きていた

2014-01-23_1
当サイト。
気づいてみれば、すっかりテニス系サイトの様相を呈してきました(^_^;)

全豪の間は、一人で興奮しまくっておりますので・・・。
テニスに興味のない方、ごめんなさい。。。。
このまま、シーユーしてくださって結構です。ハハ・・



さてさて、なんだかんだ言っても、男子はやはり
“ジョコビッチ敗退”
がビッグニュースですね。


とは言っても、相手のワウリンカ
(どうもね、日本語でよく表記される「バブリンカ」って
呼び方が好きじゃなくて・・)


ここ最近のジョコ戦はとにかく死闘が多かったんですよ。


通算成績は15勝3敗と圧倒的にジョコビッチの方が強いんですけどね。
昨年の全豪はジョコビッチが優勝を飾りましたけど、
一番苦労したのが4回戦で対決したワウリンカ戦。


5時間を超えるフルセットを戦い、5セット目が12-10
(5セット目はタイブレイクがないので、決着つくまでやる。。ひぇ~) と辛くもジョコビッチの勝利。

昨年の全豪、むしろ準決勝のフェレールや決勝のマレーとの対戦の方が
楽だったんではないか、というぐらい大変な試合でした。

ワウリンカといえば、あのフェデラーと同じスイス出身の28歳。
まぁ、世代としてはジョコビッチやナダル、マレーの1つか2つ
上になります。


現在のランキングは”8位”と急激に力をつけてきた選手ですから
ベスト4に残っても全然おかしくない力を持っています。

ジョコビッチも
「ワウリンカとやる場合は長期戦を覚悟している」
というぐらいに、とにかく最近のこの両者の戦いは激闘になるので、
観ていてとても興奮しますよね。


準決はチェコのベルディハですが、さてさてどうなることやら。
密かにフェデラーとのスイス人同士の決勝も期待していたりします!!


一方、
「復活なるか!2014年のロジャー・フェデラーを追う!」 でも日々更新していますが、フェデラーが見事11年連続ベスト4進出
を決めましたね!(拍手)

マレーとの試合でも、2セットを連取した後の3セット目で
サービングフォアザマッチを掴んだのですが、
マレーにブレークされてしまい、勝利がするりと逃げてしまいました。


その後のタイブレイクでも嫌な流れが続いて、
結局3セット目を落としてしまったのですが、
今年のフェデラーはやはり違いますね~。


4セット目でしっかり決着をつけてくれました。


全盛期の頃に近い、いきいきとした動きが
非常に好調さを感じさせてくれていますよね。


シードの関係で、準決勝で巡り会うことになった
王者「ラファエル・ナダル」との戦いも決まりましたし。


フェデラーにとって、5回目の全豪制覇なるかが注目されます。



・・・とか何とか言っている間に、女子の方は結構
波乱が起きていたんですね~。


セリーナもシャラポワもアザレンカも
上位3人が既に全豪から姿を消してしまいました。


この3人に共通するのは、”パワーヒッター”
だということですが、ベスト4に技術の高い
ラドワンスカが残っているのが嬉しい限りです。


いよいよ今年の全豪オープンも大詰めになってきましたが、
男子は11日目がナダル、そしてフェデラーが休養日になります。

この両者が、休養日をどのように過ごすのか
そして、大会12日目でどのような戦いを見せてくれるのか

目が離せませんね。


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb