2014年楽天ジャパンオープン-ラオニチが3年連続決勝進出!

2014-10-08_1

世界ランキング8位、そしてツアーファイナルランキングでも錦織選手と”8つの席の内残り5つ”を争っている「ミロ・ラオニチ」が、この楽天オープンで決勝まで到達しました。

これで、ラオニチは3年連続の決勝進出となり、
昨年の「ファン・マーティン・デル=ポトロ」と
一昨年の「錦織圭」に敗れたリベンジを果たす機会を手に入れたわけですね。


ラオニチは、キャリアでも12度目のツアーファイナリストとなり、その内6度のタイトルを獲得しています。

そして、決勝の相手は、地元日本の「錦織 圭」となりました。

「圭との対戦は楽しみだよ。
多くのファンがこの対戦を望んでいたと思う。
サーブなど良いプレーをする必要があるけど、何よりも自分に集中することさ。 この2年間の決勝での結果を今回は跳ね返したい。」

と語ったラオニチ。


「北京オープン」で戦っている「トマス・ベルディヒ」の結果にもよりますが、
「ツアーファイナルランキング」でも7位に上がる可能性が出てきましたね。


この準決勝では、「ジル・シモン」との対戦となりましたが、試合序盤からハイペースのラオニチは、
1stセットの最初の3ゲームで「3-0」とリード。

結局、2度のブレークを奪ったラオニチは、最初のセットを「6-1」で終えることになります。


途中、雨による屋根を閉じるための中断を挟みましたが、ラオニチの集中力は落ちず、
2ndセットは「6-4」。

今シーズン43勝目を獲得して、無事決勝まで進んできたわけです。


「自分がどういったプレーをするべきか、はっきりと分かるし、どのショットもよく打てていると思う。 ジルは、ベースラインから安定したリズムでボールを打ってくるから、ネットに出たり、攻撃的なプレーをして、彼のバランスを崩すことが大切だったんだ。」

自信を持って語るラオニチは、初戦の「バーナード・トミック」戦で、1つブレークを許しましたが、
それ以外の自分のサービスゲームを落とすことなく、この決勝まで勝ち上がってきましたね。


さぁ、いよいよ注目の決勝戦。
錦織選手、ラオニチともにキャリア7度目のタイトルを掛けた戦いとなります!



roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb