2014年バルセロナ・オープン-【ドロー表】錦織圭が第4シードで登場!

2014年バルセロナ・オープンドロー。錦織圭が第4シード
見づらい方は、こちらからPDFファイルをダウンロードしてください。


今月21日から始まるスペインでの「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(ATP500)」。

端々は「ラファエル・ナダル」と「ダビド・フェレール」の2人となりました。

日本の錦織圭選手は「第4シード」で登場します。


とりあえず、錦織選手が上位シード選手と対戦すると仮定すると以下のようになりますね。


■3回戦

錦織VSペール

■準々決勝

錦織VSロブレド

■準決勝

錦織VSフェレール

■決勝

錦織VSナダル

戦績だけ見ると、他の選手にも決してひけをとらない数字が出ますよね。


当然、フェレールとナダルが関門となるわけですが、先月のマイアミでフェデラーを倒した1つ前に倒した選手がこのフェレールです。

ただ、クレーコートで通算267勝を上げているフェレールとこれまでにクレーコートでの対戦がないですから、マイアミのハードコートのように、簡単にはいかないでしょうねぇ。


そして、やはり何と言っても倒したい、いや、とりあえず1セット取りたいのがナダルですね。

これまで6戦全敗という結果もそうですが、セットを中々取れないのです。

今年の全豪オープンではだいぶナダルを苦しめましたが、それでも1セットも奪うことができませんでした。

クレーの王者が、まずヨーロッパシーズン最初の「モンテカルロ」を落としてしまいましたし、「4連覇」がかかる地元のバルセロナですからねぇ。


・・・こちらも難しいかもしれませんけど・・・。


ナダルは、2003年にバルセロナに初参戦した時に負けただけで、以降出場した8回すべて優勝しています。

つまり、バルセロナでの戦績は、「40勝1敗」。

今、最も注目されている若手の1人である錦織選手が、どこまで立ち向かうことができるか・・。
期待したいですね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb