2014年全米男子クレーコート選手権-ベルダスコがアルマグロを制す!!

2014-04-14_2

今年の全米男子クレーコート選手権は、「フェルナンド・ベルダスコ」と「ニコラス・アルマグロ」のスペイン人同士の決勝戦となりましたが、見事に第4シードのベルダスコが第3シードのアルマグロを6-3、7-6(4)で制し、ここヒューストンでの初優勝を飾りました。


2010年の4月にバルセロナ・オープンで優勝して以降6度のツアーファイナリストになりながら、ツアー優勝には見放されていたベルダスコが久しぶりの優勝を手にしましたね。


元世界ランキング7位まで上り詰めたベルダスコですが、近年は膝のケガとの戦いでした。
ケガをしてからの2,3年で再びツアー優勝を獲得する所まで回復してきたようです。


これで、ベルダスコはクレーコートで4度目となる優勝を手にし、全コートの決勝戦での勝敗が「6勝13敗」となりました。
(この数字からもツアー準優勝が多いイメージが着いてしまっていますが・・(笑))


一方、アルマグロの方は全コートの決勝戦での勝率が「12勝9敗」なんですが、ここ最近の決勝戦ではやはり勝てておらず、2012年5月の「ニース・オープン」以降、今回の決勝も含めて4度の決勝をすべて落としてしまいました。


この試合、2ndセットは、アルマグロの方が優勢に試合を進めていました。
序盤にセットカウント4-2とアルマグロがリードしていたのですが、第7ゲームをベルダスコがブレーク。
その後、5-4とアルマグロリードのベルダスコのサービスゲームで、5回のセットポイントを掴みますが、すべて生かせず、結局このゲームを落としてしまいました。


タイブレークでも4-3とリードした状態で、自身の2回のサーブがあったのですが、これを2本ともベルダスコが「ミニブレーク」。


結局、4-3から4ポイント連取したベルダスコが、ストレートでヒューストンの初優勝を獲得した、というわけです。


「彼は今日本当に良い試合をしていた。彼はチャンピオンだ。
彼は、自分のサーブの時には本当に集中していた。
自分にもたくさんチャンスがあったけどうまく拾えなかった。
そしてそこが今日の試合のポイントさ。」

と話すアルマグロ。


アルマグロにとっては、2年連続でヒューストン準優勝という残念な結果に終わってしまいました。


「今週のポイントは気持ちの部分だと考えていた。
どんなに疲れようともどんなに良い状態だと感じていても、どのポイントでも気持ちを一定に保ち続けた。
勝って終わりたかった昨日のダブルスの決勝で負けてしまったから、完璧なエンディングにはならなかったけど、シングルスタイトルを勝ち取ることができて本当に良かったよ。」

と満足げに、セレモニー後にはプールに飛び込んで喜びを爆発させていましたね!


↓アルマグロ VS ベルダスコ(全編)


さて、この2人は休む間もなく、一路モンテカルロへと移動し、「モンテカルロ・マスターズ」の戦いへと入ります。

そして、この両者は順当に勝ち上がると3回戦で再び激突するんですねぇ~。


同じ組には、トミー・ロブレドや最上位シードで第3シードのワウリンカが控えています。


今シーズン、5人目の30歳越えチャンピオンとなったベルダスコの勢いが、モンテカルロにまで続いていくかもしれませんね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb