2014年マレーシア・オープン-錦織圭がアジア人初のツアーファイナル進出にまた一歩前進!

2014年錦織圭がクアラルンプールでトロフィーを掲げる

錦織選手が、今シーズンのツアー3勝目を手にしました。


対戦相手のフランス人「ジュリアン・ベネトー」にストレート勝利。
セットカウント「7-6(4), 6-4」で見事にトップシードとしての役割を果たしました。


「本当にきついスタートだった。
だって彼はとても攻撃敵にプレーしていたから。
自分のチャンスを待っていた。
ブレークポイントはたくさんあったけど、手に入れられなかった。
最後のゲームでは、彼は少し苦しそうで自分にチャンスが来たと思った。
その後、自分のプレーが良くなって、2ndセットでは彼が少し疲れてきていたように思った。
自分はギアを上げたんだ。
ベストのテニスではなかったけど、こうやって勝てて良かった。」

と語った錦織選手はこれで、今シーズン「44勝目」
シーズン勝利数も「50」が見えてきましたね。


さて、一方のベネトーは、キャリアでツアーファイナルの挑戦が今回で10度目。
残念ながら、またしても敗戦となってしまいました。

しかも、この「マレーシア・オープン」では、2012年から3年連続決勝進出し、3年連続準優勝という少し悲しい結果となってしまいましたね。

「圭はここぞというときにあまりにも良すぎた。
特に1stセットの最後はね。
チャンスはいくつかあったけど、こういう選手達との対戦はチャンスが少ないし、
そのチャンスを物にしなければならないね。」

と試合後に語ったベネトー。
念願のツアー初タイトルは、またしてもお預けとなってしまいました。


さて、錦織選手はこれまで「2008年」、「2012年」、「2013年」とツアー優勝を獲得しているも、
これらの年のそれぞれ獲得タイトル数は「1つずつ」

今年は、これで獲得タイトル数が「3つ」となり、大きく飛躍した年となりましたね。


●優勝
■2月
全米国際インドアテニス選手権(メンフィス/ATP250)

■4月
バルセロナ・オープン(バルセロナ/ATP500)

■9月
マレーシア・オープン(クアラルンプール/ATP250)


●準優勝
■5月
マドリード・オープン(マドリード/マスターズ1000)

■9月
全米オープン(ニューヨーク/グランドスラム)



こう見てみると、今年、錦織選手がファイナリストになった大会は全部で5つあります。
その内、優勝が3回、準優勝が2回。


後は、グレードの大きい大会での優勝が欲しいところでしょうね。

5月のマドリードも先日の全米オープンも後一歩のところで、涙を飲んだわけですが、
これ以降は、マスターズレベルの大会だと
「上海・マスターズ」
「パリ・マスターズ」
の2つが残っています。

そして、この2大会で何とか一定の成績を残すと、
「アジア人初のツアーファイナル出場」
も見えてきますね。


既に、「ノバク・ジョコビッチ」、「ロジャー・フェデラー」、「ラファエル・ナダル」の進出は確定しています。

席は8つですので、残りは5つ。


まずは、マレーシアから日本に戻って、ATP500レベルの「楽天ジャパン・オープン」へ出場となります。


シーズンも終盤戦へと差し掛かり、
Top10選手も複数参加する日本での戦いで、さらなる弾みをつけてもらいましょうかー!


↓錦織 VS ベネトーのハイライト動画


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb