2014年ゲリ―・ウェバー・オープン-フェデラーが7度目のチャンピオン!

2014年フェデラーがゲリ―・ウェバー・オープン7度目の優勝

「ロジャー・フェデラー」が今年2度目となるツアータイトルを「ゲリ―・ウェバー・オープン」で達成しましたね。

「ゲリ―・ウェバー・オープン」トータルで見ると、2003年~2006年、2008年、2013年に続いて7度目のタイトル獲得となります。


今回がこの大会「9度目」の決勝戦の舞台となったフェデラーは、
コロンビアの「アレファンドロ・ファリャ」との対戦となりました。


「タイトルが取れて本当に嬉しいよ。
終わりまでスタンディングオベーションをもらいながらプレー出来たし、そのためにプレーしているよ。
今回の自分のプレーには満足している。
一生懸命やってるし、こういったタイトルを獲得するためにツアーを回っている。
準々決勝や準決勝で負けるためではなくね。
過去に獲ってきたすべてのタイトルだって、獲得することを目標にしてきた。
今週はタイトルを獲得するのにふさわしい出来だったと思うよ。」

と語ったフェデラーは、ファリャを「7-6(2)、7-6(3)」とストレートで破り、89分で決着を付けることになりました。

これで、ウィンブルドンの7度のタイトルと合わせて、グラスコートでは「14」のタイトルを重ねたフェデラー。

ここハレでの対戦成績も「46勝5敗」と素晴らしい成績を残すこととなりましたね。


「過去にも、ハレでよくプレーできたときは、いつもウィンブルドンでも良いプレーが出来ていた。
自分の最も成功しているトーナメントの2つだね。
だから、もう一度自分に運が向いてくれることを願うよ。
昨年は、うまくいかなかったけど、そんなことは前に何回もあった。
だから、昔良かった時のように戻れれば、と思っているんだ。」

ウィンブルドンを1週間後に控え、準備を整えたフェデラーは、ツアーで最も獲得しているタイトル数のワン・ツーフィニッシュが、「ウィンブルドン」と今回の「ゲリ―・ウェバー・オープン」となりました。


■フェデラーのツアータイトル数(上位)
・ウィンブルドン(優勝7回/67勝8敗)
・ゲリ―・ウェバー・オープン(優勝7回/46勝5敗)
・ツアーファイナル(優勝6回/44勝11敗)
・ドバイ・デューティー・フリー選手権(優勝6回/42勝5敗)
・全米オープン(優勝5回/67勝9敗)


さぁ、これでツアータイトル数が全部で「79」となり、80は目前となりました。

歴代でも獲得タイトル数が3位のフェデラーは、一つ上の「イワン・レンドル」が持つ「94」を追っています。

キャリアの勝利数も957勝まで来ましたからね~。


タイトル数の増加は中々難しい話ですが、ツアー1000勝の方は今年中に達成できるかもしれませんし、
注目が集まりますね。


さて、一方で敗れたファリャは、1995年以来となるコロンビア人としてのツアータイトル獲得を目指しましたが、残念な結果で終わってしまいました。


「いつも試合で負けることはきついよ。特に決勝だとね。
どうしても勝ちたかった。
でもこの決勝で、ロジャーが相手だと、常にきつかった。

試合は終わったよ。
ベストを尽くしたし、どのポイントも必死だった。
今日のプレーとトーナメント全体には満足しているよ。
グラスコートでのプレーは楽しいね。
このトーナメントでは、いくつもの厳しい試合を勝ったことで、自分に多くの自信をくれた。」

と語ったファリャですが、これで昨年のボゴタの大会に続いて、自身2度目のファイナルへと進出しましたね。

サウスポーからの鋭いサーブは、相手選手を苦しめそうですし、ウィンブルドンでの雪辱を期待したいものです。


さて、実は、フェデラーはダブルスでも決勝へと進出していたのですが、
残念ながら敗退してしまい、自身3度目となる「同一大会でシングルス/ダブルスの両方を制覇」という記録には手が届きませんでした。


でも、フェデラーが語っていたように、今年のウィンブルドンでは、また華麗なプレーを見せてくれそうで、6月23日が非常に待ち遠しいですね!
(ワールドカップと重なる今年は、見る方も大変でっす・・・!)


↓フェデラー VS ファリャのハイライト動画1

↓フェデラー VS ファリャのハイライト動画2

roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb