2014年ゲリ―・ウェバー・オープン-ナダルが初戦敗退!

2014年ゲリ―・ウェバー・オープンのナダル初戦で敗退

「2014年ゲリ―・ウェバー・オープン-ナダルがダスティン・ブラウンを警戒」でも「ラファエル・ナダル」が言っていたのですが、正にそのとおりとなってしまいましたね~。

ナダルが、警戒していた地元ドイツの「ダスティン・ブラウン」にまさかの初戦敗退を喫してしまいました。


ファースト・セカンドともサーブが200kmを超すビッグサーバーであるブラウンに対して、まさかの「6-4、6-1」のストレート負け。

近年、ナダルはグラスコートに”ツキ”がないような気がしますね~。


「グラスでよいプレーをするために最も大事な事は”試合をすること”だ。
自信を持ってプレーする必要があるし、アジャストしていく必要がある。
アジャストする唯一の方法は試合をすることで、試合に勝つことなんだ。」

と語ったナダル。

不参加だった2009年を除いて、ウィンブルドンでは2006年から2011年まで5回連続でファイナリストになっているナダルにとって、

少しでも前哨戦となるこのハレのグラスコートで感覚を掴みたかったのでしょうけれども、思わぬ休養期間が出来てしまいましたね。


2012年、2013年と初戦敗退で終えているウィンブルドンでの雪辱のためにも、
このハレでの初戦敗退は本当に痛い敗戦となってしまいました。


「このようなプレーヤーに対しては起こりうることさ。
特にこのサーフェスではね。」


ナダルは、とりあえず数日間を地元のマヨルカで過ごし、その後グラスコートにもっとアジャストするために、ロンドンでのエキシビションマッチに出場する考えもあるのだとか。


「キャリア通算700勝目」を掛けて臨んだ戦いでもありましたが、
そのメモリアルタイムは、今月末のロンドンまでお預け・・ということになりました。


さて、思わぬ敗退となったナダル。
ゲリ―・ウェバー・オープンから早めに去ることで、
ウィンブルドンまで長い休養期間ができたことが吉と出るかそれとも凶となるのか・・・

ローランギャロスを制覇したナダルが、自身3度目となるウィンブルドン優勝に向かって準備を始めます!


↓ナダル VS ブラウンのハイライト動画


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb