2014年ゲリー・ウェバー・オープン-何気に見所満載な上に久々登場のあの男!

2014年ゲリ―・ウェバー・オープンは上位選手もたくさん出場

ローランギャロスも8強が出揃いましたね。

男子はそこそこ順当にシード勢が勝ち残り、
女子は、第1シードから第3シードまでがこぞって途中敗退という波乱に見舞われていますが、

「男子も女子も全豪覇者が1回戦で姿を消す」という史上初の出来事も起きた今大会、優勝予想は男子も女子もはっきり言って分からないのが現状です。


そんなクレーコートの最後の大一番をよそに、“6月は芝(glass)だろー”ということで、クレーコートに別れを告げた選手達が、ぞくぞくと今年もグラスコート対策に向けて調整に入っているようです。


通年、ウィンブルドン以外にグラスコートで大きな大会がない上に、グラスはこの6月の1ヶ月と7月上旬にアメリカで行われる大会しかなく、ウィンブルドン以外はすべて大会グレードが「ATP250」となります。


ウィンブルドンの前哨戦、そして調整の場としてこれらの大会にこぞって上位選手が集まってくるのですが、
その中の一つ、「ゲリ―・ウェバー・オープン」に「ロジャー・フェデラー」が帰ってきましたね。

11度出場し、6度もの栄冠に輝いていている男が、ディフェンディングチャンピオンとして、まず今年最初のグラスコートに臨みます。

「ディフェンディングチャンピオンとして戦うことが久しぶりだからとてもワクワクしている。
今年も6ヶ月目に入ったけど、体は順調だし、ウィンブルドンでは自分にもチャンスがあると思っているんだ。」
と語ったフェデラー。

このドイツ/ハレで行われるゲリ―・ウェバー・オープンとウィンブルドンで、
「史上1位となる合計13ものグラスコートタイトル」を持っているフェデラー。

ゲリ―・ウェバー・オープンで優勝し、ウィンブルドンではまさかの2回戦敗退に見舞われた昨年よりも体の調子がいいようで、今年はまた”芝のロジャー”を見ることが出来るかもしれませんね。



そして、日本のエース錦織圭選手も昨年に引き続き、この「ゲリ―・ウェバー・オープン」への出場を選択しました。

昨年は、初戦となる2回戦で「ミハイル・ユージニー」に敗れてしまいましたが、今年は、早く切り上げることになったパリの地を離れ、そのまま開催地のドイツ/ハレに入ったようです。


しかし、彼の公式ブログでもあったように、ハレに入った後に、
「サッカーワールドカップ」の日本代表メンバーがアメリカの「フロリダ/タンパ」の合宿に入ったようで・・。

今日のコスタリカ戦で「3-1」と勝利したこの日本代表の合宿地が、なんと錦織選手のフロリダの自宅から車で1時間ほどなんだとか。


そのままハレに入ってしまった錦織選手は、日本代表メンバーに会うことが出来ず、ワールドカップ開催中はウィンブルドンに重なるという不運(?)で、サッカーの応援はテレビということになるんでしょうね(笑)

錦織圭ブログ

さて、フェデラーも錦織選手も昨年に引き続きの出場となりますが、
今年は2年ぶりにこの大会3度目の出場を決めた男がいます・・・。


それは、なんと「ラファエル・ナダル」

こう言っては失礼かもしれませんが、ドイツの田舎町のこれと言って何もない「ハレ」にナダルもフェデラーもやって来る・・・
と言うことになるわけですね。

2005年、2012年とこの2人は、この大会に参加しているのですが、この地での対戦は1度も実現していません。

もし、今年対戦するとなると、Topシードの2人ですから、決勝まで残らないと対決は実現しません。

間に、日本のエースもいますし、「ミロ・ラオニチ」、「リシャール・ガスケ」、「ミハイル・ユージニー」、「トミー・ハース」と中々の顔ぶれが揃いそうな今大会。


今年の6月も熱い戦いが期待できそうです!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb