2014年BRDナスターゼ・ティリアク・トロフィー-ディミトロフが今シーズン2勝目!

ディミトロフ優勝ブカレスト

「グリゴール・ディミトロフ」が前年覇者の「ルーカス・ロソル」を破って、この大会の初優勝そして今シーズン2勝目を上げました。

この大会名の由来でもある「イリ・ナスターゼ」が試合を観戦する中、この決勝でもストレート勝利。
(※ちなみに上の写真で言えば、左端がディミトロフで、右端にいるのがナスターゼ)

4試合を戦って、1セットも取られることなく完勝でキャリア3勝目を上げました。


惜しくも準優勝に終わった「ルーカス・ロソル」は、2008年のジル・シモン以来の連覇達成となるかが期待されましたが、若手有望株のディミトロフに苦杯をなめることになりましたね。


バルセロナ・オープンの錦織、そしてこの大会のディミトロフと今最も注目される選手達が、しっかり結果を残した大会となりました。


5月のマドリード、ローマ、そしてローランギャロスでの活躍が非常に楽しみですね!


↓ディミトロフ VS ロソル ハイライト

roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb