復活なるか!2014年のロジャー・フェデラーを追う!

現在の男子テニス界において、
人気・実力とも今だ衰えを見せないのが
「ロジャー・フェデラー」
では、ないでしょうか?


とは言え、2013年のフェデラーのシーズンは
「グランドスラムでの優勝が一度もない」
年となってしまいました。

これは、2003年から2013年までで見ると、
長期休業となった2011年以来2度目のことでした。


グランドスラムの優勝数が歴代1位の
「17度」。

あの強かったピートサンプラスでさえ14度で2位ですから、
いかに優勝回数が多いかが分かりますよね。


他の選手からも尊敬されることの多いフェデラーも
今年は33歳を迎えるシーズンになります。


体力的に衰えも見られる、と言われていますが
先日のブリスベン国際を見る限り、まだまだ十分やれると思います。
この大会は見事、準優勝となり全豪オープンへ
と弾みをつけましたね。

「全盛期のフェデラーなら優勝しているだろう」
という声もありましたが、

やはり相手も元世界ランク1位のレイトン・ヒューイット。
簡単に勝てる相手ではなかった、ということでしょう。


昨シーズン2013年はラファエル・ナダルが、前年の怪我から
半年ぶりに復帰をしてその動向を追ってきましたが、
(テニス界のビッグ4が揃う!!復活してきたラファエル・ナダルの近況[2013年])

今年は、復活を掛けて戦うであろう
ロジャー・フェデラーを追っていきたいと思っているんです。


「復活なるか!2014年のロジャー・フェデラーを追う!」


今年は1年間で17大会を戦うようで、正に世界ツアーの始まりです。


とりあえず、1月の目玉はやはりグランドスラムの全豪オープンがありますので、

どのような戦いブリを見せてくれるか、
大いに期待したいところですよね!


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb