【テニス】ATPワールド・ツアー・ファイナル-準決勝の組み合わせ決まる-

男子テニスツアー最終戦の
「ATPワールド・ツアー・ファイナル」


現在、開催中ですが、シングルス準優勝の組み合わせが決まりましたねぇ~。

フェデラー、ジョコビッチ、マレーの3人は順当ですが、残り1枠は
デル=ポトロが勝ち上がってきました。
そんな、デル=ポトロのお話しを少々しましょうか。


そもそも、このツアーファイナルは、ATP世界ランキングの上位8名しか参戦できません。


世界ランキング4位のナダルが欠場しているため、9位のティプサレビッチが加わっての
上位8人で戦っていくわけです。


欠場のナダルを含めて、現在のテニス男子の4強と言われる上位3人の中に加わった
アルゼンチンのデル=ポトロ。

現在の世界ランキングは8位ながら、サーブとフォアハンドが強力な若い選手です。
今年のロンドンオリンピックの準決勝で、フェデラーと死闘を演じ惜しくも
負けてしまいましたが、先日のバーゼル(スイス)の大会では見事決勝でフェデラーを
くだして優勝しました。


しかも、スイスはもちろんフェデラーの地元のうえ、フェデラーには2009年の全米
オープン決勝戦で勝利して以来ずっと負けていたのですが、久々の勝利となりました。

そういえば、この2009年の全米オープンはこのデル=ポトロにとっては、ホントに
一躍、時の人となったシーズンでしたね。

何と言っても、最近のテニスのグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)では
ほとんどの優勝者が先ほど挙げた4強ばかりだったのです。


ところが、デル=ポトロは、この2009年の全米オープンの準決勝でナダルに勝利し、
決勝でフェデラーに勝利したのです。

グランドスラムの内、同じ一つの大会中に、ナダルとフェデラーの両方を敗ったのは
デル=ポトロだけだと話題になりました。


その後、ケガもあり不本意な時期を過ごしてきましたが、今年のオリンピック以降、
ツアーの優勝も重ね、このツアーファイナルでもすばらしい戦いっぷりを
見せてくれていますね。


今年のファイナル。


デル=ポトロが準決勝に進出できたのは、自身がグループ内の総当たりの最終戦となる
フェデラー戦に勝利したからです。

デル=ポトロは、
「3人のビッグネーム(フェデラー、ジョコビッチ、マレー)に1人のビッグな体の
男(デル=ポトロ、身長198cm)が準決勝に進んだ」

と謙遜していますが、ビッグネームに名を連ねる日もそう遠くないかもしれません。


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb