2014年ツアー・ファイナル-フェデラーがまず1勝!

2014年ファイナル初戦のフェデラーきらきら

錦織選手と2回戦を戦うことになったのは、1回戦で「ミロ・ラオニチ」をストレートで倒した「ロジャー・フェデラー」となりました。


今回が13度目のファイナル出場となったフェデラーは、先週の「パリ・マスターズ準決勝」で敗れた相手との初戦で、「6-1、7-6(0)」と、やはり格の違いを見せつけた感となりましたね。


「1セット半ぐらいはよくできたかな。
シンシナティやウィンブルドンでラオニチと戦ったときのような良いスタートが切れたからね。
1stセットの最初のゲームでブレークすることが出来たし、自分のブレークのピンチはしのいだしね。」

と語ったフェデラーは、1stセットで自分のサービスゲーム時に失ったポイントはたったの4つ

自身が放ったウィナーも6本がフォアハンドと、圧倒的な試合展開で1stセットを取りましたね。


2014年ファイナルフェデラーとラオニチの戦績

「彼がパリの時のような良いプレーができていなかったから助かったよ。
特に強いサーブを持っている相手には、序盤からこちらのショットで崩せない。
だからこれ(1stセットの第1ゲームでのブレーク)が決定的な勝因だと思うし、2ndセットは最後にあのような終わり方ができて嬉しいよ。」

と、試合の締めくくりとなった2ndセットのタイブレーク7ポイント連取は、さすがに大きかったようですね。

これでフェデラーは、今年69勝目
2012年以来の「70勝超え」も見えてきましたね。



一方、ラオニチも要所でフェデラーにベースラインよりも後ろでプレーさせるなど、
良いプレーを見せましたが、対戦成績でも分が悪いフェデラー相手に相当苦戦する結果となってしまいました。
「本当に残念だよ。2ndセットの終わり方は・・・。
負けて相当自分に腹が立っているよ。
自分に活を入れて、冷静に考えなければならないね。」

と、先週パリでのフェデラー戦初勝利で、きっかけを掴んだラオニチにとっては、
痛い敗戦となってしまいました。

これで両者の対戦成績は、ラオニチの「1勝7敗」。


中々、フェデラーの牙城を崩すことができませんね。



さて・・
順当に初戦を勝利したファイナル常連のフェデラーは、過去6度の優勝を誇りますが、2009年からロンドンでファイナルが開催されるようになってからは2010年と2011年の2度優勝しています。


■フェデラーのツアー・ファイナル優勝年と開催場所

●2003年(開催場所:ヒューストン)
対戦相手:アンドレ・アガシ

●2004年(開催場所:ヒューストン)
対戦相手:レイトン・ヒューイット

●2006年(開催場所:上海)
対戦相手:ジェームス・ブレーク

●2007年(開催場所:上海)
対戦相手:ダビド・フェレール

●2010年(開催場所:ロンドン)
対戦相手:ラファエル・ナダル

●2011年(開催場所:ロンドン)
対戦相手:ジョー=ウィルフリード・ツォンガ


そして、今回でロンドン3度目の決勝を目指すフェデラーの前に、
いよいよ日本のエースが立ちはだかります!!




roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb