2014年ツアー・ファイナル-錦織圭が語るアジアへの期待!

2014年ファイナル出場全選手

さぁ、いよいよ日本時間の今日9日11:00から「錦織圭 VS アンディー・マレー」の戦いが始まります。


今年、大きく飛躍した年になり、現在のTop5選手、かつてのTop5選手などを次々と倒してきた錦織選手。

その中で、今年”唯一”といって良いほど対戦のなかった上位選手が、このマレーですね。


プレスカンファレンスでは、
「初めての出場で、とても興奮している。
ここにいるメンバーとは何度も戦ってきた。
まずは、アンディーと彼を応援する(地元イギリスの)観衆達を相手に準備する必要がある。

僕は、全ての試合を勝ちたい。
でも、この大会はきつい大会。
5試合全てで最善の試合が出来れば、勝つことは可能だと思っている。
自分の力を信じている。
来年は常にTop5選手でいたいし、3位や2位まで上がれると思う。
またグランドスラムの決勝まで行きたいし、マスターズでも優勝したい。」

と語った錦織選手。

目指す全勝優勝の最初に、今だ勝ったことのないマレーが相手となるんですね。


今年、多くの「日本人初」、「アジア人初」を達成してきた錦織選手ですが、アジア地域のこれからについても語っていました。


「アジア地域で最も励みになることは、ファイナルに出ることではなく、ツアーで十分戦っていけると言うことだと思う。
それは他のアジアの選手達だってみんな可能なんだということを分かって欲しい。
リ・ナ(中国女子選手/9月に現役引退を表明)は僕に多くのやる気を与えてくれていた。
だから、彼女が現役を退くことはとても悲しかった。
どうして、アジアの選手達がTop100、Top50に入ってこないのか分からない。
みんな強くなってきているのに・・。」

と、アジア人で近年最も成功していた女子プロテニスプレーヤーのナ・リと同様、
アジアの男子選手でも、もっと上を目指せる、ということですね。


また、日本の報道については、

「プレッシャーはほとんど感じていない。
日本では、今までTop10選手はいなかったし、日本で大きな話題にもなっていないと思う。

だから、集中して良いプレーが出来ると思うし、この大会で戦えることを楽しめると思う。」

と語っていました。


中々、地上波で放送されないテニスの試合ですが、
一歩一歩、錦織選手が頂きに向かってきた中で、もっと多くのファンに見てもらえれば、と思うテニスファンの人は多くいるでしょうね。


これからの一週間。

これまでは、日本人にとってオフシーズンだったテニスがまだまだ楽しめることに感謝しながら、

・・・いよいよ後3時間でマレー戦始まります!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb