錦織圭よりランキングの低いチリッチが先にツアーファイナル進出を確定させたのはなぜ?!

2014年ファイナルにチリッチが進出決定

2014年の「ATPツアーファイナル(Barclays ATP World Tour Finals)」への出場を早々に決めた「ノバク・ジョコビッチ」、「ロジャー・フェデラー」、「ラファエル・ナダル」。

この3人のランキングポイントの稼ぎ方(つまり、各トーナメントの勝ち方)は、やはり他よりも群を抜いていましたので、
まぁ早くに決定することは誰もが予想していたとおりではないでしょうか。


つまり、栄誉ある最終の成績上位8名のみしか出場することが出来ないこの大会への参加資格の椅子も
「残り5つ」となってしまっていたわけですが・・。


ここに来て、新たに確定した選手が”2名”出ましたね。


まず、一人目は、「スタニスラス・ワウリンカ」

今年1月の「全豪オープン」で、自身初となるグランドスラム制覇を果たしました。
さらに、4月の「モンテカルロ・マスターズ」でも、自身初となるマスターズ制覇を果たし、今年前半では「シングルスランキング3位」をキープしていました。


シーズン後半に入って、目立った成績を残すことが出来ていないワウリンカでしたが、
やはり前半で稼いだポイントが大きかったですね~。

「ファイナルランキング」でも、4位をキープしてきたワウリンカは、残りのツアーである

「バレンシア・オープン(ATP500)」
「スイス・インドア・バーゼル(ATP500)」
「パリ・マスターズ(マスターズ1000)」
をどのような成績で終えても、「ファイナルランキング」の7位を下回ることはなくなりました。

つまり、「4人目の椅子をゲットした」、ということになります。


そして、現在のファイナルランキング5位にいる選手は・・・そう
「錦織 圭」
ですね。

アジア人初の快挙を目指す錦織選手も、ツアーファイナル初出場まで後一歩のところまで来ています。


錦織選手は、当初出場予定だった「バレンシア・オープン」を欠場することになりました。


仮に優勝した場合の「500ポイント」が加算されると大きいですが、
体調を万全にするために、ここで無理をするリスクよりも、最後のマスターズである「パリ・マスターズ」にすべてを掛けることにしたのでしょう。


さて、ファイナルランキング6位にいた全米オープン覇者の「マリン・チリッチ」が、先日参加していたモスクワでの「クレムリン・カップ」を優勝で終えましたが、準決勝到達時に「ツアーファイナル」への進出が決定となりました。


ファイナルランキング5位にいる錦織選手が、まだ出場が確定していないのに、
ファイナルランキング6位のチリッチが出場確定・・・なぜ??

と思った方も多いでしょう。


実は、ツアーファイナルに出場できる選手、というのは正確には
「ファイナルランキング上位8名ではないんです」


「ファイナルランキング上位7名」

「グランドスラム覇者の中でファイナルランキング8位から20位にいる選手で最もランキングの高い選手」

なんです。。。


そう、「グランドスラムを優勝した選手かどうか」
というのが非常に重要なわけですね。


これに当てはめると、チリッチは、「全米オープン」というグランドスラムの優勝者で、現在ファイナルランキングは6位。
仮に、最後の3つの大会をどのような成績で終えても、ファイナルランキング20位より下に落ちることはないのです。

ファイナルランキング8位から20位にいるグランドスラム覇者で最も成績の良い選手、
ということでチリッチのツアーファイナル出場が確定したわけです。


つまり、錦織選手が「全米オープン」を優勝していたら、既にファイナル出場が決まっていたということになるんですね~。


仮にファイナルランキング8位から20位の間に、グランドスラム覇者が2人以上いた場合は、
ランキングの高い方がファイナル出場となります。

しかし・・・・

今年、それ以外のグランドスラム覇者の名前を挙げると・・・・


■全豪オープン
スタニスラス・ワウリンカ

■ローランギャロス
ラファエル・ナダル

■ウィンブルドン
ノバク・ジョコビッチ


そうなんです。
既に、ファイナル出場を決めている選手ばかりなんですね。


そう言う事で、5つ目の椅子はファイナル初出場となるチリッチがゲットしたことになりました。


残る椅子は、後3つ。

ファイナルの常連である、「トマス・ベルディヒ」、「アンディー・マレー」は現在それぞれ7位と8位。

そのすぐ後には、こちらも常連の「ダビド・フェレール」がいます。

そして、その次がライバルの「ミロ・ラオニチ」


錦織選手からラオニチまでの差が、なんと「500ポイント」しかありません!


つまり、バレンシアかスイスの「ATP500」の大会、
そして最後のマスターズであるパリの各選手達の成績如何では、

「錦織選手がファイナル出場を逃してしまう可能性も十分ある」わけですね。


「子供の頃からの夢がまた一つ叶ったよ!」

そう語ったチリッチに、錦織選手も続くことができるか。


中々、日本ではニュースになりにくい「テニスのファイナル出場争い」。

今年は、錦織選手の活躍のおかげで、ここからがまだまだ目の離せない季節となりそうですね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb