マドリード・オープン

マドリード・オープンの決勝戦-海外は決勝の戦いをどう見たのか?

2014年マドリードはナダルが優勝

「ラファエル・ナダル」の優勝で幕を閉じた「マドリード・オープン」。

日本のファンのみならず、海外のファン、メディアからも注目を集めたこの決勝戦ですが、
結果的に、「ファイナリストの負傷による途中棄権」となった幕切れを海外のメディアではどのように報じたのでしょうか。


まず、戦った本人であるナダルのコメントは、そのほとんどが称賛と高い評価ばかりでしたね。

「上位8人しか出場が出来ない”ツアーファイナル”に出場できる力を持っている。」
と、クレーコートで錦織選手の驚くほどの強さと速さを感じたナダルは、
まず「Top10」を越えて「Top8」に入れる力があることを認めていました。

そして、この「ツアーファイナル出場」も錦織選手の目標でありますから、それは本人にとっても嬉しいコメントだったのではないでしょうか。


ただし・・・・


ナダルが最後に付け加えたのは、やはり、苛酷なテニスツアーで
「シーズンを通して最後まで戦い抜く力を発揮することとプレーのレベルを維持すること」
を挙げていました。

確かに、ツアースケジュールの中で、この5月や8月、9月など大きな大会が連続して行われる場合もありますし、
その長い戦いで常に上位に君臨するためには、年間を通して戦える体力が必要になる、ということですね。


一方、アメリカや地元スペインの各大手ニュースサイトでは、
「ナダルが優勝したもののその勝利は信ずるに値しない」

として、「ナダルが長らく”赤土の王者”として君臨してきたレベルに戻っていない」
という論調が多かったですね。

これは、地元スペインの報道でも同じで、ある意味ナダルへの叱咤激励も含まれているのでしょう。

モンテカルロ、バルセロナと2大会続けて準々決勝止まりだったこともあり、
この地元の首都マドリードで開催される大会では、圧倒的な強さで優勝して欲しかったのでしょうけれど、 完全に出鼻をくじかれた、という思いなのでしょうね。

「2-6、2-4」の時点まで、あのナダルが錦織圭に圧倒されていたと。
(ちなみに「ニューヨークタイムズ」は、1stセットのナダルを”袋だたきに合った”と言う表現を使っていました)

対照的に、錦織選手には称賛の声が多かったですね。

日本での報道と違って、ファイナリストが棄権をしてしまうことについての「厳しい意見」が少なからずあるだろう、と思ったのですが、意外にも

「錦織圭のライン際の鋭いフォアハンドやレーザーのようなバックハンドが、ナダルを圧倒していた」

という感じで、途中退場の批判がほとんど見られなかったのです。

(まぁ、ナダルの風当たりの強さの引き合いとして持ち上げられている場合もありましたけど・・)


男子テニスでは、現在もBig4(ナダル、ジョコビッチ、フェデラー、マレー)の4人が各大会で圧倒的な強さを見せる中で、彼らよりも若い世代で、テニスのレベルでは欧州などに劣るアジアの選手が、あそこまでナダルを苦戦させられるのか、という感じなのでしょう。


ただ、これは逆を返せば、「Top10に加わってきた新しい力」がまだまだ下に見られていることでもあり、この先錦織選手が“Top10常連”、そして”Top8″、”Top5″に入ってくるようになれば、海外メディアの論調も「ウェルカムムード」から、今回のナダルのように「勝っても批判される」ような厳しいものに変わってくると思います。


今回、マドリードを欠場したジョコビッチが、モンテカルロの準決勝でフェデラー戦敗退後のコメントに

「自分はプロのアスリート。
いつでも戦うし、競い合っている。
トーナメントから途中に退場することは好きではない。
試合を放棄することは好きじゃないんだ。
最後のポイントまでプレーしたい。」

というのがありましたが、あの言葉は正にトップに君臨する選手の言葉でしょう。

また、あの「ロジャー・フェデラー」もどんなに調子が悪くても、途中で棄権をするということがありません。

いよいよ、トップ選手の仲間入りを果たした錦織選手が、その位置をキープし続けるために、そして他のトップ選手と肩を並べるために、必要となる事が見えたこの「マドリード・オープン」。


世界の報道も錦織選手の力を認めているだけに、
今後は年間を通して、トップ選手としての役割を果たす重責を担う彼の姿を見てみたいと思うのです。


2014年マドリード・オープン-錦織圭がマスターズで準優勝!

2014年決勝
で惜しくも準優勝

マドリード・オープンの決勝戦
「ラファエル・ナダル VS 錦織圭」

は、「2-6、6-4、3-0」で、第3セットの3ゲームを終えたところで、錦織選手の棄権により試合が終了となりました。
結果は準優勝と残念でしたが、色々と見所の多い試合となりました。

まず、1stセットは、完全に錦織選手がナダルを揺さぶります。
特にクレーでのナダルのサービスゲームでは、上位選手を始めとする多くの選手が自分のペースを掴むことは簡単ではありませんでした。

しかし、この1stセットは、どちらのサービスゲームだったか何度も確認してしまうぐらい、ナダルの苦しそうなリターンショットが、これでもかというぐらいにありました。

それだけ錦織選手が自分の”思い通りに試合を組み立てていた”ことになり、
この辺が、ナダルが試合後にコメントしていた「信じられないプレーヤーだ」という言葉につながるのでしょう。
ただ、錦織選手がショットを放った後に時おり見せる”苦痛の表情”は、見ていても分かりましたので、
やはり”フェレール戦の時にもマッサージを受けていた腰が悪いのか?!”と順調すぎる試合の進み具合と反比例して、少し不安を感じさせましたね。

結局、準々決勝のフェリシアーノ・ロペス戦から背中や腰に痛みがあったようですし、
準決勝のダビド・フェレール戦は、試合時間「2時間56分」でしたから、最後の最後で悲鳴を上げてしまったわけですね。

しかし、ゲームカウント「5-1」となった時には、”これは優勝するんでは・・・”
というぐらいの勢いがあったし、
スペインのファンで埋まった会場も、戸惑いを含んだ”ざわざわ”した感じになっていました。

モンテカルロ、バルセロナと続けて準々決勝で敗退したナダルが、
“このマドリードでも負ける?!”
という余波のようなざわざわ感です。


その後、ナダルが1ゲームを返すも結局終わってみれば「6-2」。
錦織選手がナダルからセットを奪ったのは、7度目の対戦でこれが「2度目」。 2008年のエイゴン選手権(ロンドン)以来ですから、実に6年ぶり。
そして、クレーでナダルからセットを奪った、という見事な1stセットでした。

2ndセットも、強烈なフォアハンドとバックハンドでベースラインぎりぎりに放たれるショットが何本も見られ、早々にブレークしてしまいます。

いや、もう本当に「4-2」となった時は、軽い祝杯でも上げちまおう・・・と思ったのですが・・・


後、2ゲーム、2ゲーム取れば・・・
というところの第7ゲーム。

ついに、痛めていた腰が言うことをきかなくなってしまいました。


「4-3」となったところで、マッサージを受けるもそれまでとは明らかに別人のプレーでしたね。


おそらく、錦織選手にとっても最後までやりきりたかったのでしょうけれども、
その先は、もう見ている方も辛いような動きになってしまいました。


とりあえず今週から本格的に始まっている「ローマ・マスターズ」は欠場して、
月末にやってくる「ローランギャロス(全仏オープン)」に照準を合わせるようです。


しかし、このマドリードで、クレーでもナダルに対して十分戦えることを見せてくれたし、
フェレールやフェデラーを下してきたことが”まぐれ”なんかではないこともきちんと証明してくれましたね。


グランドスラムは「5セットマッチ」になりますから、戦い方はまた変わってきます。
ただ、すべて全力のショットでなくても、良い意味で力を抜いても技術力でポイントを獲れるようなプレーをこの決勝戦でも見せてくれていましたので、

これは、もう大いに期待したいところですね。
(もちろんケガも早期に治ることを祈ります)



2014年マドリード優勝のナダル
さて、一方のナダルですが、今年の全豪オープンでも錦織選手に苦しんでいたように、
このクレーコートでも、だいぶ苦しめられました。

目立って怒りを表さないタイプですが、1stセットは少しイラついていましたねぇ。


それでも、やはり強靱な肉体の持ち主は、最後の最後に「優勝」という形で地元の大きな大会を締めくくりました。

「地元で勝つことは、いつも他のどこで勝つことよりも特別な事さ。
ホームの観衆の前でプレーできることは自分にとっては忘れられないこと。
この街は、自分に多くの事を与えてくれる。

今回は自分にとっても重要な勝利だと思うよ。」

マドリード・オープンとなって今年で13回目。
この大会で4度目の優勝を飾ったナダルは、最多優勝者となりました。
(2番手は、3回のフェデラー)

これで、クレーコートで獲得したタイトル数は実に「44」。
歴代で見ても、「ギレルモ・ビレス」の「46」ですから、この記録はほぼ間違いなくナダルが更新するでしょう。

そして、キャリアタイトル数も「63」。
歴代単独6位となり、もう1つタイトルを獲得して「64」となると「ピート・サンプラス」と「ビョルン・ボルグ」と並び「5位」に浮上します。

「彼はロンドンのファイナルで戦える力を持っている。
「間違いなくそうなってくると思う。
ケガが悪くなく、ローランギャロスに参加できることを本当に願っているよ。」

これだけの記録を持つナダルが、試合後に錦織選手を高く評価していました。


バルセロナ、マドリードと連続して大会に出場し、共に5試合。

特にマドリードは、対戦相手も初戦からハードでしたから、最後に力尽きたとは言え、
長く戦えるだけの体もできてきたのではないか、と思います。

とにかく、この2つのスペインでのクレーを見る限り、「ローランギャロス」は相当期待できますね。

まずは、体力そしてケガからの復帰を待ちたいところです!



↓”ナダル VS 錦織”ロングのハイライト(早々に消される可能性あり)


2014年マドリード・オープン決勝を見るための夜更かしの方々へ・・

2014年マドリード決勝のナダルと錦織微笑みはどちらに

さて、いよいよ大詰めとなった「マドリード・オープン」

現在、ローマ・マスターズが開幕した中、マドリードに最後まで残った2人は、
ローマからも注目を浴びながらの試合となりますね。


そんな、マドリードの決勝を戦う「ラファエル・ナダル」と「錦織圭」

この2人がそれぞれ勝った場合に達成する記録などをざっと書いて見たいと思います。

(この大会がマドリードに移った2002年からの13年間の記録です。)

■ナダルが勝つと・・・・

・27度目の「マスターズ1000」優勝(歴代1位)
・マドリードでは、初の4回目の優勝(現在はフェデラーと3回でタイ)
・今年のクレーで「14勝2敗」となる
・ローマ・マスターズがどういう結果でもナダルのランキング1位は変わらず
・今シーズン30勝一番乗り
・今シーズンツアー3勝目となり「スタニスラス・ワウリンカ」と並ぶ
・今シーズンクレー2勝目
・2005年から毎年「マスターズ1000」のタイトルを1つは獲得することになる


■錦織が勝つと・・・・
・60人目のマスターズチャンピオン
・ナダルは2004年(14勝3敗)以来となるヨーロッパのクレーで2敗を越える3敗目を喫する
・ナダルがローランギャロスに入る前、少なくとも2つ以上のクレーコートタイトルを獲得してきた記録をひとまず阻止
・ナダルがローマで準決勝に到達せずにジョコビッチがローマで優勝するとランキング1位が入れ替わる
・マイアミ、バルセロナ、マドリードで15連勝(※マイアミの準決勝棄権は除く)
・今シーズン28勝となり、ナダルに次いで2位タイ(もう1人の28勝はフェデラー)
・今シーズンツアー3勝目となり「スタニスラス・ワウリンカ」と並ぶ
・今シーズンクレー2勝目


ちなみに、錦織選手は今回が「8度目の決勝戦」になります。

2008年 デルレイビーチ 勝) ジェームス・ブレーク
2011年 ヒューストン 負) リャン・スウィーティング
2011年 バーゼル 負) ロジャー・フェデラー
2012年 東京 勝) ミロ・ラオニチ
2013年 メンフィス 勝) フェリシアーノ・ロペス
2014年 メンフィス 勝) イボ・カロビッチ
2014年 バルセロナ 勝) サンティアゴ・ヒラルド

これまで、ファイナルの成績は「5勝2敗」
決勝に残れば優勝する確率が高い?!

ということですね。


キャリアでもクレー33勝の内、その3分の1をこの4月と5月の2ヶ月で稼いでしまった錦織選手。

“アジアのクレー王者”として君臨することができるか・・・(笑)

試合開始はもう間もなくです!!


2014年マドリード・オープン-錦織圭が決勝進出!ナダルと7度目の対戦へ

2014年錦織 VS フェレール

とうとう、「マスターズ1000」でここまで上り詰めてきました!

錦織圭選手が、準決勝で地元スペインの「ダビド・フェレール」を下し、マスターズ初の決勝進出を決めましたぁ!

もちろん、簡単に勝たせてはもらえず、フルセットを戦って試合時間は2時間56分。
ここまでで、一番長い試合を戦った錦織選手は、10度目に握ったマッチポイントで勝利を収めました。


1stセットの序盤で、”やはりクレーのフェレールには勝てないかも・・・”と思った第7ゲーム。
この時点でセットカウント「2-5」とフェレールが大きくリードをします。

しかし、その後錦織選手がブレークを1つお返し、タイブレークに突入。
タイブレークでも強いストロークショットを見せた錦織選手が、最初のセットをものにします。


続く2ndセットは、第10ゲームでマッチポイントを握るも、フェレールに跳ね返され、このセットはフェレールに「7-5」で奪われ、セットカウント「1-1」とタイになります。


最後のセットは、第9ゲーム。
このゲームだけで20分近い時間を掛けて戦った死闘となりました。

錦織選手のサービスゲームで「40-0」と勝利は目前でしたが、
ここからフェレールが驚異の粘りを見せます。


観衆はすべてフェレールを応援する中、「デュース」まで戻され、その後は、フェレールのブレークポイントと錦織選手のマッチポイントの応酬。


実に、このゲームだけで4度のブレークポイントを防ぎきった錦織選手が、フェレールを撃破!

あの「ラファエル・ナダル」が待つ決勝戦へと駒を進めました。


これで、悔しい”準決勝棄権”となった3月の「マイアミ(ソニー・オープン)」と4月でクレー初タイトルとなった「バルセロナ・オープン」、現在の「マドリード・オープン」と合わせて14連勝

4月からのヨーロッパのクレーシーズンでは、10連勝となりました。

しかも、決勝まで残ったことでランキングも「9位」まで上昇します。

一つ上にいるのが、「アンディー・マレー」ですから、”よくぞここまで来たな”、という感じですねぇ(笑)


マドリードが始まる前の
「2014年マドリード・オープン-錦織圭Top10への展望」

で、書いていた頃は、何とかランキング「10位」に入るためのことしか書いていませんでしたが、決勝に残ったときの”9位の可能性”までは書いていなかったですね。
大変失礼しました(^^;)(※その後の記事では触れていますが・・。)


さてさて、この人と戦うのが、なんと「決勝の舞台」になるとは・・・

これまでのキャリアで一度も勝ったことがない、そしてセットも”1つ”しか取ったことがない
「ラファエル・ナダル」です。


2014年マドリード決勝ナダルVS錦織

ハード、クレー、グラスとまんべんなくやられているわけですが・・(苦笑)

クレーコートでは、昨年2013年の「ローランギャロス」でしか戦っていないんですね。

ここに来て、調子を取り戻してきたナダルと、俄然調子のいいままここまで来た錦織圭との一騎打ちになる、というわけです。

フェレール戦で、腰のマッサージをしていた姿が気になりましたが、
決勝戦で、これ以上ない相手との戦いですから、当然「マスターズ1000初優勝」で終わりたいところですね。


今大会セットを落としていないナダルから何とかセットを奪い、
ナダルが苦しむ姿を是非、見せてほしいものですね。

日本時間、午前2時15分(^_^;)からマドリード決勝開始予定です!


↓錦織 VS フェレールのハイライト


2014年マドリード・オープン-ナダルとアグとフェレールと

クリスチアーノ・ロナウドも見に来ていた2014年マドリード・オープンの4強はこちら

「錦織圭が日本人初のTop10入り」

と騒がしくなっているマドリード・オープンも、4強が出揃ったわけですが・・・

それにしてもこう見るとスペインの選手って”わらわら”いる感じがしますね(笑)


まず、第1シードのナダルは、第6シードのベルディヒ相手に「6-4、6-2」のストレート勝利。
これで、ベルディヒとの対戦は18連勝。
トータルでも「18勝3敗」と、対戦成績を大きくリードする結果となりました。


1stセットの第7ゲーム、ベルディヒのサービスゲームでダブルフォルトを犯したあたりから、
少しベルディヒの調子が崩れてきましたね。

さすがに、マドリードで2005年、2010年、2013年と3回タイトルを獲得していて、
クレーコートでは、「43」ものタイトルを獲得しているナダルは、こういったスキを逃しませんねぇ。

1stセットを取った後の2ndセットは、完全にナダルだけのペースで試合が進んでいきました。


「おそらく最もタフな試合だった。
時間がかかったけど、かなり良いプレーが出来ていた。」

と語るナダルは、
「今年のクレーで初めて準決勝へと進めたよ(笑)」

と、(そう言えばそうなるんだ・・・)と思わせるような一言を発しました。


さて、準決勝の相手は、同じスペイン人の「ロベルト=バウティスタ・アグ」となります。

2014年ナダルVSアグ

アグは、3回戦で「アンディ・マレー」を倒した「サンティアゴ・ヒラルド」を「6-3、6-4」で倒し、
ツアーでも4回目、そして「マスターズ1000」では初の準決勝へと進んできました。

「マドリードで準決勝に進めたし、歴史上でも最高のプレーヤーの1人と戦えることは本当に嬉しい。」

ナダルと初対決となるアグは、そう語っています。


アグは、今年既に2回「Top10撃破」を演じてきました。

全豪オープンで当時ランキング5位の「ファン・マルティン・デル=ポトロ」を、
そしてインディアンウェルズでは、当時ランキング5位の「トマス・ベルディヒ」を
破りました。


この大会を終えると、初のTop30へと食い込んでくるアグ。
準決勝で大きな相手を迎えますが、”今年3人目のTop10撃破”という可能性も十分にあります。


「いつもよりプレッシャーも少ないし、自信を持って試合に臨める。」

同胞の下克上なるか・・・というところですね。


↓ナダル VS ベルディヒ


さて、一方錦織選手と対戦することになったのが、ランキング5位の「ダビド・フェレール」ですね。

2011年から2013年までは、このマドリードではすべて「準々決勝で敗退」。
久しぶりに、地元マドリードで準決勝まで残ってきました。


「最初の試合あたりは、自分自身神経質になっていた。
モンテカルロが良い状態だったけど、今週に入ってもう一度同じような状態に戻ってきた。」


今年2月のブエノスアイレスで、クレーでのタイトルを獲得しているフェレール。
このマドリードで、今シーズン2つ目のタイトル獲得を目指します。


フェレールと言えども、錦織選手同様にマドリードのファイナリストになったことはありません。

「ロジャー・フェデラー」に準決勝で敗れた2010年が最高ですから、今年はとりあえずそれに並んだということになります。


マイアミでは、苦杯を飲み、現在では波に乗っている日本のエースとどのように対峙するのか・・・

もう、6~7時間後に試合開始です!!


2014年マドリード・オープン-錦織圭がマスターズの歴史上初となる記録を阻止!!

2014年マドリード錦織4強

【祝Top10入り】

見事準決勝進出を決めた錦織圭選手が、日本人初となる「世界ランキング10位」と目標にしていた「Top10入り」を達成することになりました。


「Top10は、自分にとって大きな目標だった。
もっとよいテニスをプレーし続ける必要があるし、このランキングを守っていかなければならない。」


そう語った錦織選手の準々決勝の相手は、地元スペインの「フェリシアーノ・ロペス」でした。

錦織VSロペス

サウスポーからの強烈なサーブでサービスエースを9本取られましたが、
結局、直面したブレークポイントは3度しかなく、それをすべて守った錦織選手が、
逆に9度掴んだブレークポイントの内、2つを取って、「6-4、6-4」でストレート勝利となりました。


他の試合の勝者が、「ラファエル・ナダル」、「ダビド・フェレール」、「ロベルト=バウティスタ・アグ」と3人のスペイン人でしたからねぇ~。

この試合でもしロペスが勝っていると、「マスターズ1000史上初となるオールスペイン人の4強」となるところでした。

「攻撃的に行こうと思っていた。
彼のゲームは、スライスを多用してくるし、自分のストロークが有利になると思った。
重要なポイントで集中できたし、今日は良い形で終われた。」

と、スペインに取っては快挙となるこの記録を見事に阻止した錦織選手。


マドリードで開催されているこの大会で、地元のスペイン人に囲まれながら
準決勝は、3月の「ソニー・オープン」で下した「ダビド・フェレール」との対戦になります。


錦織VSフェレール

勝敗こそ「3勝3敗」ですが、錦織選手は今だフェレールと「クレーコートでの対戦がない」んですね。

キャリアで”21度”のツアータイトルを誇るフェレールも、その内クレーで獲得したタイトルが「11」となります。

しかも、今回は地元ということで、「フェレールの庭」でプレーしなければならない、ということ。

3月のマイアミ(ソニー・オープン)の時とは、サーフェスも環境も違う中で、どのようなゲーム展開を見せるかに注目が集まります。


しかし、このクレーシーズンで、錦織選手はなんと「9連勝」となりましたねぇ♪

17歳でローランギャロス(全仏オープン)を制覇した「マイケル・チャン」をコーチに迎え、
その影響が少なからずあるにしても、ここまでクレーで強さを見せるようになるとは正直思わなかったです。

ヨーロッパのクレーシーズンに、これだけアジアの選手が関わってくることに地元では驚きと喝采もあるようですけどね。


さて、冒頭でも触れた「Top10入り」は、錦織選手が常に口にしていた目標でもありました。
男子アジア人選手では、2003年の3月にタイの「パラドーン・スリチャパン」「9位」を記録して以来11年ぶりの快挙。

もちろん、日本人プレーヤーとしては「初のTop10選手」となりました。


「マスターズ1000」での準決勝は、2011年の「上海マスターズ」、今年3月の「ソニー・オープン」
に続いて3度目。

そして、「マスターズ1000」で初となる「ファイナリスト」ももうすぐ目の前です。


ソニー・オープンでは、悔しい”棄権”という形で終わっていましたから、
今回は自分にリベンジ・・・ということになります。


フェレールも当然簡単ではありませんが、その先に立ちはだかるであろうナダルとの決勝戦となれば・・・
その時の日本のエースは、「ランキング9位確定」として君臨することになりますね!

各組み合わせのハイライト動画はこちらで見ることが出来ます!


2014年マドリード・オープン-マレーが撃破・・・される?!

2014年マレーVSヒラルド

第7シードとして登場していた「アンディ・マレー」が、先月のバルセロナ・オープンで錦織選手に敗れ準優勝で終わったコロンビアの「サンティアゴ・ヒラルド」にまさかのストレート負け(6-3、6-2)を喰らってしまいました。


それにしても、ヒラルドの調子が良いんでしょうね~。


マイアミが終わった3月終わりの時点では86位にいたヒラルドも、現在は46位。
そして、このマドリードが終わるとキャリアハイの「36位」まで順位を上げてきます。

「彼は、最初から最後までとてもよかったし、ミスもほとんどなかった。
自分は2ndセットで強いショットを十分に打つことが出来なかった。
終盤は、彼に対してエラーを誘うようなプレッシャーを与えられなかった。」

と、淡々と敗戦の弁を語ったマレー。


これまで、20回ものTop10選手を倒す機会に恵まれながら、これが自身初となる
「Top10選手撃破!」
となったヒラルド。

「マスターズ1000」で準々決勝に進んだのが、初めてであれば、先月のバルセロナでは「ATP500」でファイナリストになったのも初めてのこと。


ヒラルドにとっては、初物づくしが続いている、というわけですね。


4月に入ってから、ヒューストン(ATP250)で準決勝、バルセロナ(ATP500)で決勝、そしてここマドリード(マスターズ)で準々決勝進出と、1ヶ月ちょっとで「10勝」を稼いでいるヒラルド。


次戦は、地元スペインの「ロベルト=バウティスタ・アグ」を迎えます。

ヒラルド対アグ


この両者、現在のランキングも近ければ、年も同じ。
そして、初対戦となるわけですね。


アグは、本来フェデラーが座っていた位置に代わりに入って来た”ラッキールーザー”を倒して、初となるマスターズ準々決勝へと進んできました。


アグは、今年の全豪オープンで、当時ランキング5位にいた「ファン・マルティン・デル=ポトロ」をフルセットの末に倒しています。


「明日のヒラルドは、この高地で戦うことに慣れていると思う。
タフな試合になるよ。
願わくば、良いプレーをしたい。
自分にも準決勝に進む可能性はある。」


大会が始まる前は、「フェデラー VS マレー」を予想していただけに、この組み合わせは全く考えもつかなかったですねぇ~。

調子のいいヒラルドに対し、試合巧者のアグがどのように対応するか・・・。

どちらが勝ち上がっても、マスターズの4強は初となります。

Big4(ナダル、ジョコビッチ、フェデラー、マレー)のいずれかが優勝することが多かった
「マスターズ1000」。
先月のモンテカルロで「スタニスラス・ワウリンカ」が優勝したように、今回も誰が優勝するか全く分かりませんね。

Big4で唯一8強に残ったナダルがそのまま大会2連覇を勝ち取るのか・・・

マドリードも大詰めが近づいています!


↓マレー VS ヒラルドのハイライト


2014年マドリード・オープン-錦織圭が2年連続準々決勝進出とマドリードでのTop10入りなるか!

2014年マドリードオープン2年連続で準々決勝へ

今年の錦織圭選手は、クレーでも強さを発揮していますねぇ~。

先月、バルセロナ・オープンで初のクレータイトルを獲得して以降、乗り込んできたこのマドリードでもここまで3連勝!

今年のクレーシーズンで現在8連勝中となりました。


3回戦の相手は、第8シードでビッグサーバ、錦織選手と同年代の「ミロ・ラオニチ」でした。


結果的には、「7-6(5)、7-6(5)」と2セット続けてタイブレークによるストレート勝利となりましたが、
試合序盤は、ビッグサーバのラオニチに試合の主導権を奪われる展開となっていました。


1stセットは、セットカウント「2-5」という劣勢からタイブレークまで戻します。

ブレークされてもずるずると、相手に流れを渡さないところに、今年の錦織選手の強さが見えましたね。

一転、2ndセットは、サービスキープが続く息の詰まる展開。
しかし、タイブレークで逃げ切った錦織選手が2時間を超える試合に終止符を打ちました。


錦織VSラオニチ

試合展開もご覧の通りのほぼ互角。
ウィナーによるポイントも5ポイントの差しかありません。

この世代では、やはりこの2人の実力が少し抜けていますからねぇ。
この先も「Top10選手」として、しのぎを削ってほしいなぁ、と思いますよ。


「本当にタフだった。
ラオニチに対してラリーの展開に持ち込めず、リズムに乗れなかった。
彼は非常に攻撃的で良いプレーをしていたし、本当に接戦だった。
でも勝って、マスターズで準々決勝に行けたことは嬉しい。
自分にとっては大変な相手だったけど、自分の良いプレーができたしとても自信になった。」

と錦織選手は語っています。


さて、準々決勝の相手は、地元スペインのベテラン「フェリシアーノ・ロペス」となります。

錦織とフェリシアーノ・ロペス

対戦成績は、「2勝2敗」ですが、直近では錦織選手の地元となる昨年の「楽天オープン」でロペスを破っています。
しかし、クレーコートでは2011年、ロペスの地元であるの「バルセロナ・オープン」の3回戦、ストレートで錦織選手が敗れています。


「彼は厄介なプレーヤーだ。
とても速いし、リターンもとてもよい。
たくさんの自信をつけた時期に来ているだろう。
彼はクレーの前哨戦となったバルセロナで勝利している。
あそこでは唯一、偉大なプレーヤーだけが勝つことが出来るんだ。」

とロペスも錦織選手を評しています。


ロペスは、3回戦を相手選手の棄権により試合をせず、準々決勝に進んできたことが”吉”と出るか”凶”と出るかかですねぇ・・・。


とにかく、同じように錦織選手にとっても、ロペスは厄介な相手となりそうです。


さて、「2014年マドリード・オープン-錦織圭Top10への展望」でも書いたように、錦織選手の「Top10入り」がこのマドリード・オープンで現実味を帯びてきましたね~!

というのも、同じく3回戦で、ランキング10位の「ジョン・アイズナー」が「ダビド・フェレール」に敗れました。

・・・ということは・・・

ミロ・ラオニチ 2,625pt(確定)
ジョン・アイズナー 2,600pt(確定)

錦織選手は、昨年と同じ所まで今年も進んできました。


つまり・・・・・


「フェリシアーノ・ロペス」戦に勝利すると、「+180pt」が入り、トータルで「2,620pt」。

日本人初の快挙となる

「ランキング10位」

と、Top10圏内に突入です!!


気が早いですが、もし、決勝まで進めば・・・

ラオニチも抜いて「ランキング9位」
と、一気に”一桁台”ですよ。

フェデラーが、マイアミで錦織選手に敗れた後、予想した通りになるかどうか・・・。


マスターズでの4強へ向け、Top10へ向け、
日本のエースの快進撃はまだまだ続いていきます!


↓錦織圭 VS ミロ・ラオニチ(2ndセット途中からのハイライト)


2014年マドリード・オープン-ナダルとマレーが危なげなく初戦を突破!

ナダルが2014年マドリード初戦突破

今年のマドリード・オープンにもようやくNo.1の男が帰ってきました。

ランキング1位で、昨年のマドリードの覇者である「ラファエル・ナダル」が初戦を「6-1、6-0」と圧勝。
アルゼンチンの「ファン・モナコ」をストレートで破りました。


2014年マドリードナダルVSモナコ

珍しいパターンかもしれないですが、モナコが取ったゲームは「ブレークにより取った1ゲーム」のみで、自身のサービスゲームは1つも取れなかった、ということになりますね。


試合時間1時間ちょっとの完勝で、3回戦へと順当に進みました。


「良く動けていたし、普段のクレーでのプレーよりも良かったよ。」

そう語るナダルは、今回の勝利で、キャリア通算「684勝134敗」
となり、
アメリカの黒人選手だった「アーサー・アッシュ」を抜き、
勝利ランキングが全体で11位となりました。

それにしても、ナダルは負け数が圧倒的に少ないんですねぇ~。


ナダルの活躍はこれからも続いていくでしょうし、現在10位の「ボリス・ベッカーの713勝」を越えていくのも時間の問題でしょう。


「どんなに自分が多くの勝利を重ねても、アッシュと並んだのはとても嬉しいよ。
彼のような選手と同じレベルに到達することが、自分にとっていつも大きな達成感となるんだ。」


さて、そんなナダルの次の相手は、フィンランドの「ヤンコ・ニエミネン」となります。

2014年マドリードナダルとニエミネン
対ニエミネンには、「7勝0敗」とナダルが圧倒しています。
・・とは言え、先月のバルセロナでは、「10勝0敗」と得意にしていた「ニコラス・アルマグロ」に負けてしまったんですけどね・・。

「マスターズ1000」で26度の優勝を誇りながら、4月は少々調子を落とした感のあるナダルは、
このマドリードでは、幸先の良いスタートを切りました。


さて、2分割ではナダルと同じドローになる「アンディ・マレー」は、そのアルマグロを倒して、3回戦へと進出しました。


「彼は、このサーフェスでは相当タフだからね。」
先月のバルセロナ・オープンでナダルを破ったアルマグロでしたが、
続けて”Top10選手撃破”とは行かなかったようです。


試合に勝ったマレーは、恒例のテレビカメラのレンズに
「Balley(今週、30歳で癌により死去したエレーナ・バルタチャさんの愛称)」
をサインしました。


マレーは、昨年5月の「ローマ国際」以来となるクレーコート参戦でした。

このマドリードでは、2008年にタイトルを獲得するも、その時は「ハードコート最終年」。
翌年からマドリードは、ローランギャロスの前哨戦として「クレーコート」になったわけですが、
マレーは、キャリアで28のタイトル中、今だクレーでのタイトルを獲得したことがありません

悲願のクレー初優勝を目指し、今年はローランギャロスまですべて出場予定のマレー。

特に、このマドリードはジョコビッチやフェデラーの欠場、ワウリンカの敗退など、
上位選手のいない大会となっていますから、

タイトル獲得のチャンスは非常に大きくなっていますね。


さて、マレーの次戦は、コロンビアの「サンティアゴ・ヒラルド」です。


そうです。先月のバルセロナ・オープンで錦織選手と決勝を戦った相手ですね。

見事にシード選手の「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ」を倒して勝ち上がってきました。

2014年マドリードマレー対ヒラルド

前回の対戦は、2012年のローランギャロスでしたが、マレーの2勝とも”クレーコート”なので、
多少マレーに分があるかな、という感じです。


久々にナダルとマレーの対決も見てみたいですし・・。
順当に勝ち上がってほしいものですね!


↓とりあえず、簡単なハイライト動画はこちらです
各選手のハイライト動画はこちら(5分弱)

2014年マドリード・オープン-錦織圭とミロ・ラオニチが3回戦で激突!

錦織圭VSラオニチ

「2014年マドリード・オープン-錦織圭Top10への展望」

でも書いたように、錦織選手のTop10入りの最大の障壁となる「ミロ・ラオニチ」との戦いが実現しました。

まずは、この人を叩かないと今回マドリードでの「Top10入り」はありませんし、敗れると錦織選手の保有ポイントも減ることになりますから、ここは何とか突破したいところですね。


両者の唯一の対決は、記憶にも新しい2012年の「楽天オープン決勝」でした。

地元でキャリア2度目の優勝をかけて戦ったラオニチ戦は、苦労しながらも見事に勝利。
有明コロシアムで見事に錦織選手の”リフト・ザ・トロフィー”となりました。


今回、第8シードで登場のラオニチは、初戦がなく、2回戦からの出場。

つまり、1試合分は体力を温存している、ということになりますね。


そんなラオニチは、キャリアで上げた5勝の全てが「ハードコート」となります。

現在「イワン・リュビチッチ」と「リカルド・ピアッティ」に師事しているラオニチは、決して得意とは言えないクレーコートでも自信を深めているようです。


「とても良い状態だよ。
とても気分がいいし、これまでのクレーでのプレーよりいいと感じている。 マドリードの環境だと、球足が速くなってバウンドも高くなる。
でも、それは過去に上手くプレーできたと感じているし、楽に感じたことさ。」

錦織戦を前に意気込みを語るラオニチ。

1月の思わぬ足のケガから3月には復帰。
インディアンウェルズとソニー・オープン、4月のモンテカルロで、すべて準々決勝まで残り、ランキングも自己最高の9位まで上げてきました。


Top10の常連となりつつある、錦織選手の1つ年下となるラオニチは、
「いつまでも成長しつづけること。
同じレベルでやっていたら、周りの精鋭達にすぐに先を越される。」

と、Top10であり続ける心構えを語っています。


今回、もしラオニチをこの3回戦で倒せば、「スタニスラス・ワウリンカ」の出てこない「準々決勝」となります。
「ラオニチが3回戦まで進んできた」ということは、このマドリードで錦織選手はベスト4に残ったとしても、ランキングでラオニチを抜くことは出来ません。

↓詳しくはこちら
「2014年マドリード・オープン-錦織圭Top10への展望」


ランキング10位のアイズナーも順当に初戦、2回戦と勝ち上がって3回戦へ進出していますから、
錦織選手のベスト4進出だけでは、マドリード中の「Top10入り」は難しくなります。


また、調子の良いときは運も味方になってくれるのか、今回勝ち進めば準決勝で当たる可能性のあった「ノバク・ジョコビッチ」が欠場していますからねぇ~。


今の勢いとプレーの様子だと、決勝戦でナダルと・・・
という可能性も十分にありえるのです。


・・・と先走ってもしょうがないですし、とりあえずラオニチ撃破!

期待しましょー!!