バルセロナ・オープン

2014年バルセロナ・オープン-錦織圭がキャリア5度目の優勝!

2014-04-28_1

日本のエースが、とうとうクレーコートで初制覇を成し遂げました!!


錦織圭選手が、バルセロナ・オープンの決勝で、コロンビアの「サンティアゴ・ヒラルド」を「6-2、6-2」の完勝で破り、この大会初のリフト・ザ・トロフィーとなりましたねぇ。


これで、キャリア通算5度目のタイトルを獲得したことになり、
クレーコートの大会でタイトルを獲得した事は初。

1シーズンに2度のツアータイトルを獲得したのも初。

大会グレードがATP500では、2012年の楽天オープンと2013年のメンフィスに続いて3度目。

ヨーロッパでのツアー初タイトル、とりわけランキング上位の選手が多いスペインでの優勝はとても意味のある優勝だったと思います。


1stセットの最初のサービスゲームでいきなりブレークされた錦織選手は、それ以降全くヒラルドを寄せ付けず、2ndセットで早々にブレークしてリードを広げました。
スペインの観衆にも
“これはもう錦織の優勝だろー”
という雰囲気が流れていましたね。


さて、今回でクレーコートの決勝進出が2度目となった錦織選手。
3年前の2011年、ヒューストンの大会でも決勝に進出しましたが、この時は惜しくも準優勝でした。

ヒューストンよりも大会グレードが高く、過去11年間でスペイン人選手の優勝が続き、とりわけ「ラファエル・ナダル」がその内の8度の優勝を誇るこの大会で、上位シードが早々に敗れていった幸運も重なった中、上位シードとして安定したプレーを見せてくれたと思います。


「14歳ぐらいまではクレーも好きでした。
ヨーロッパのジュニアの大会でもすべて勝っていたし。
今ではハードコートよりもタフになっていて、ちょっと苦労しています。
でも、ここ何年かはうまくプレーできていたからクレーでのプレーは全く問題ないです。」


と自信を覗かせる錦織選手。

年を重ねる事に若干、苦手意識が出てきたクレーコートでの優勝。
錦織選手のコーチが、1989年の全仏オープン覇者であの「アンダーサーブ」で観衆にどよめきを与えた「マイケル・チャン」ですからクレーでの対策も万全なのかもしれませんね。


「マドリード、ローマ、ローランギャロスとやって来る3つの大きな大会を前に、良いプレーをしてランキングを上げたかった。
次の目標はTop10へ入ること。」


“Top10″をはっきり言い切った錦織選手は、今回の優勝で17位から12位へと浮上し、5月中にキャリアで最高の11位を更新する可能性も出てきました。


一方、準優勝となったヒラルドは、自身2回目のツアー決勝の舞台、そしてコロンビア人として1995年のバミューダでタイトルを獲得したハダド以来、2人目となるツアー優勝を掛けた戦いでした。


「今週はとても良かった。
自分にとっては簡単な日ではなかった。
圭はとても上手にプレーしていた。
自分のプレーにはとても満足している。」


この4月を「8勝1敗」という成績でこの決勝に進んできたヒラルドは、今年サンパウロの大会でツアー初優勝を飾ったアルゼンチンの「フェデリコ・デルボニス」に続いて、2人目となる「今シーズンツアー初優勝」を目指していました。


ただ、このバルセロナ・オープンだけで、
第三シードの「ファビオ・フォニーニ」。
ナダルを破った「ニコラス・アルマグロ」。

そして、決勝の「錦織圭」。


Top20の選手達との試合で、最後に力尽きてしまいましたが、非常にTop選手にもひけをとらない力のあるプレーを見せていました。



さて、バルセロナの大会も閉幕しましたが、スペイン人のテニスファンにとっては、1996年以来自国の選手がいない決勝となり、ちょっと寂しかったかもしれないですね。

近年は「ラファエル・ナダル」の名前ばかりが目立っていた中で、日本人の名前が初めて刻まれた今回の大会。

「ツアーファイナルへ行きたい。
そこに行くには大変だけど・・。 自分は行けると思っている。」


3月、4月と新たな強さを見せた錦織選手にとっては、
この言葉は遠い未来のことではないのかもしれません!


↓錦織 VS ヒラルドのハイライト


2014年バルセロナ・オープン-錦織圭がクレー初タイトルをかけ決勝へ!

錦織ガルビスを破る

あれよあれよという間に、錦織選手が見事にバルセロナ・オープンで初の決勝進出を果たしましたぁ(拍手)


これで錦織選手は、60年近く続いている伝統のバルセロナ・オープンで初めて日本人選手として決勝に進むことになりました。

これまでのキャリアで7回決勝に進出を果たし、その内4回のタイトル獲得を達成している錦織選手。
今回、優勝を勝ち取るとクレーコートで初のタイトルとなります。


「試合後に多くの日本人が祝福してくれているのを知って、とても嬉しい。
スペインでプレーすることは大好きです。
簡単な試合はなかったけど、よくプレーできていたし、サーブとフォアがチリッチ戦や今日の試合でも非常によかった。」

と語った錦織選手。

ツアーで5度のタイトルを獲得しているガルビスの6度目のファイナル進出を錦織選手が阻止しましたね。


さて、決勝の相手はアルマグロ・・・じゃなかったですねぇ。
(※ブックメーカー泣かせの大会だねこりゃ・・(汗))


決勝にはコロンビアの「サンティアゴ・ヒラルド」が上がってきました。


ヒラルドを倒せ錦織!

ナダルを準々決勝でフルセットの末破ったアルマグロに対して、「7-5、6-3」のストレート勝ち。

しかも、2回戦で第3シード、イタリアの「ファビオ・フォニーニ」を倒していますから、
これで、この大会2度目の「Top20撃破」となりましたね。


現在ランキングは65位と下位の方にいますが、このヒラルドは4月に入ってから絶好調!
ここまで4月だけで「8勝1敗」という成績を残しています。


キャリアで2度目の決勝を戦うヒラルドに対し、今年の「インディアンウェルズ」で「6-1、6-3」と完勝している錦織選手がどう料理してくれるのか・・・?!

・・・そして、返り討ちに合わないことを願って、遠い日本から声援を送りたいですね!


↓錦織 VS ガルビスの短いハイライト


2014年バルセロナ・オープン-得意の4月に”タイトル0″となったラファエル・ナダル

バルセロナでナダル敗れる

“ナダル敗れる!!”

今年のバルセロナ・オープンは、波乱が続くなぁと思っていたら、この人までが途中でバルセロナを去ることになってしまいました。


同じスペインの「ニコラス・アルマグロ」との準々決勝。

2時間48分かかった長い試合は、今までナダルに一度も勝ったことがないアルマグロが勝利して幕を閉じました。


「これがスポーツさ。
自分にとって、全く幸せでないことは確かだよ。
でも、ここで70も連勝しようと思った事なんて一度もない。
今日は、自分が勝てなかった日だった、というだけさ。
今の状況を受け入れて、戦い続けるよ。」

と、敗戦後に語ったナダル。

なんと、ナダルがこのバルセロナで最後に黒星を喫したのは、2003年のこと。
実に11年ぶりの敗戦で、その間の連勝記録は今年のこれまでの2戦も含めて41連勝中でした。

そして、42連勝目をアルマグロが阻止した形となったのです。

4月に強いナダルは、2004年以来、一度もタイトルを取らないまま4月を終えることになりました。


ナダルとアルマグロの対戦

2ndセットの途中まで、どちらかと言えばナダルのペースで進んでいました。
1stセットを取った後の2ndセットもセットカウント3-1とナダルがリードしていたのです。

しかも、2ndセットだけで5度のブレークチャンスを掴んだナダルに対して、ブレークチャンスを一度も掴めず防戦一方のアルマグロ。
しかし、このピンチをすべて乗り切ったアルマグロは、1時間16分かけて2ndセットをタイブレークに持ち込み、ナダルから2ndセットをとうとう奪いました。

ナダルがこのバルセロナでセットを落としたのは、2008年のフェレールとの決勝戦の2ndセット以来となります。
このセットを4-6で落として以来、44セット連続でセットを奪ってきたナダルが実に6年ぶりにセットを落とした瞬間となりました。


「2ndは彼より良いプレーができていた。彼より多くのチャンスがあった。
試合をコントロールできていたけど、試合を通して多くのチャンスを失った。
彼のような良い選手とプレーすると、結局普通の事を見失うことになって、それが今回正に起こったのさ。」


3rdセットはお互いにブレークを交換しながら、最後はアルマグロが3度のブレークに成功し、「2-6、7-6(5)、6-4」でアルマグロが準決勝に進出しました。



これで、今年のナダルはモンテカルロ・マスターズ、バルセロナとヨーロッパのクレーシーズンで早くも2敗を喫しました。

実は2004年以降のナダルは、この「ヨーロッパのクレーシーズン」で、1シーズンに2試合を越える負けを経験した事がありません。

この10年程でこの季節の負け数はたった”13″だけなのです。

昨年のモンテカルロ・マスターズの決勝でジョコビッチに敗れたナダルは、その後のバルセロナ、マドリード、ローマ、ローランギャロスとヨーロッパのクレーシーズンを優勝ラッシュで終えました。


このクレーシーズンで2試合の負けを経験したのは、

■2009年
マドリード
ローランギャロス

■2011年
マドリード
ローマ

の2回だけで、後はヨーロッパのクレーシーズンを全勝かもしくは1敗だけで終えてきているのです。


今年2014年は、既に2敗。
残りのマドリード、ローマ、ローランギャロスは、ジョコビッチとのランキング1位の座を争う意味でも負けることが許されない状況となってきましたね。


これまでナダルとの10度の対戦をすべて勝つことができなかったアルマグロが、11回目にしてようやくナダルを倒したことになりました。

↓ナダル VS アルマグロのハイライト


「クレーでは、もっと安定感が必要だ。」


そう語って気持ちを切り替えたナダルが、5月からの逆襲の旅を開始することになります!


2014年バルセロナ・オープン-錦織圭が初の4強と今シーズンのツアー20勝目を達成!

バルセロナ・オープンの錦織圭が4強

祝!錦織圭選手がバルセロナ・オープン初の4強となりました。

いやぁ、チリッチ相手で手こずるかと思いましたが、意外とあっさり決めましたね~。


錦織VSチリッチ

ビッグサーバのチリッチですが、1stサーブの確率が50%未満ですから、このスキを突いた感じでした。

8度掴んだブレークポイントも5度のブレークに成功し、6-1、6-3とストレートでの完勝です。

「4勝2敗」とこれまでチリッチには勝ち越していた錦織選手。
チリッチと初のクレーコート対決となりましたが、危なげなく準決勝へと進みましたね!


↓錦織 VS チリッチ 錦織のスーパーショット!


さて、準決勝の相手は、こちらも若手期待のラトビア「エルネスツ・ガルビス」となります。

錦織と初対戦のガルビス

初対戦となる両者、この次世代を担う若手として注目されている2人の対戦がようやく実現しましたね。

バルト三国の一つである「ラトビア」という国は、スポーツにおいてあまり目立つ国ではないですよね。

そんな中、このガルビスはラトビア国内のプロテニス界、プロスポーツ界でも期待されている選手です。


日本の錦織圭もラトビアのガルビスもお互いに「ランキング100位圏内の自国の選手は自分達しかいません」

Top20前後と近い位置にいるこの両者。
どちらもバルセロナでの準決勝進出は初となり、色々初物づくしということになっています。


「ガルビスはタフな相手。
ビッグサーブと素晴らしいフォアがある。
本当にタフな試合になるだろう。
これまで2試合とも良い試合ができた。
非常に自信があるし、良い試合になるだろう。」

と語った錦織選手。

チリッチを倒して、今シーズン早くも「20勝目」を達成して、勢いに乗る日本のエース。
この勢いはもちろん準決勝でも見られることでしょう。


「簡単なわけないよ。Keiは上手い選手だから。」

そう慎重に語るガルビスとの一戦。

マイアミに続いて2大会連続準決勝進出を決めた錦織選手。
前回は悔しい去り方となっただけに、今回はなんとしても”てっぺん”を目指してほしいものですね。


ラファエル・ナダルがいなくなった今、錦織選手にとっても目の色を変えてタイトルへの道を模索する戦いが続いていきます。


2014年バルセロナ・オープン-錦織圭が8強進出!

現在、スペインのバルセロナで行われている「バルセロナ・オープン」も番狂わせが頻発していますが、日本から参加している錦織選手が順当に8強へと進出しました!


3回戦の相手は、カザフスタンの「アンドレイ・ゴルベフ」でしたが、1stセットを3度のブレークであっさり「6-0」で奪うと、続く2ndセットは一転、ゴルベフに2度のブレークを許しますが、自身が3度のブレークに成功し、結局ストレート勝利で8強一番乗りを果たしました。


錦織選手は、今シーズン4度目となるツアー準々決勝進出を決めましたね。


今シーズン最初に準々決勝に進んだ大会は、正に今年参加した一発目の「ブリスベン国際」でしたね。


結局、この大会で優勝を飾った地元オーストラリアの「レイトン・ヒューイット」に、準決勝で逆転負けを喰らってしまいました。


そして、2度目は2月の「全米国際インドアテニス選手権(メンフィス)」でした。




この大会は、2年連続優勝を飾った大会となりました。

ビッグサーバの「イボ・カロビッチ」との決勝戦で見事に自身のツアー4度目となるタイトル獲得となったのです。

3度目は、記憶に新しいマイアミでのフェレール、フェデラーとTop10選手の連続撃破ですね。


↓フェレール戦タイブレークのみ


↓フェデラー戦ハイライト


そして、今回のバルセロナが今年4度目の準々決勝以上進出となりました。


「ケガの後、2週間の良いトレーニングを行えた。
今日は自分にとって難しい試合だった。
勝てたし、1stセットは6-0だったけど、2ndセットは相手が良いプレーをするようになった。
4-1と劣勢だったが集中を切らさないようにした。」

と、錦織選手は語っています。


さて、気になる準々決勝の相手ですが、第5シードのスペイン「トミー・ロブレド」か、クロアチアの「マリン・チリッチ」となります。


現在、第1セットをチリッチが取って、セットカウント1-0でリードしていますね。

どちらも対戦成績は錦織選手が上回っているのですが、クレーコートでの対戦が一度もありません。


ロブレドは、錦織選手と同じような体格で似たようなタイプです。

一方、チリッチは今年ツアータイトル2つを獲得して好調を維持しています。
2m近い長身から打ち下ろす威力あるショットが特徴の選手ですね。


準決勝でフェレールと当たらない今、決勝でおそらく当たるであろう「ナダル戦」が刻一刻と近づきつつあるんじゃないでしょうか。


そして、クレーコートでタイトルを獲得していない錦織選手の大きな一歩となる大会になるんでしょうか・・。

バルセロナ・オープンも後半へと突入です!


2014年バルセロナ・オープン-シード選手で明暗くっきり!

2014年好発進のナダル

現在、スペインはバルセロナで開催されている「バルセロナ・オープン」に、第1シードの「ラファエル・ナダル」が登場しました。

惜しくも敗戦により途中退場となってしまった先週のモンテカルロ・マスターズに引き続き、このバルセロナ・オープンでも「自身44度目となるクレーコートでのタイトル獲得」と、「バルセロナでの9回目のタイトル獲得」を目指しています。


初戦は、同じスペイン人選手の「アルバート・ラモス」との戦いでしたが、危なげなくストレート勝ちで3回戦へと駒を進めました。

2014-04-24_2

この試合、ナダルも1stセットにブレークされる展開となりましたが、次第に調子を上げて、勝利を掴みました。

一方、第2シードのフェレールが、まさかの初戦敗退となってしまいましたねぇ~。


相手の「ティムラズ・ガバシュビリ」は、先月のマイアミで対戦していて、この時にはフェレールが2ndセットを「6-0」で取るなど、相手を寄せ付けない戦いを見せていたのですが、今回はガバシュビリにリベンジされた格好となってしまいました。


準決勝で当たる可能性のあったフェレールが早くもいなくなってくれたのは、錦織選手にとっては有利なことこの上ないですね。


さらに、波乱はまだまだ続き、第3シードのイタリアの「ファビオ・フォニーニ」もコロンビアの「サンティアゴ・ヒラルド」にまさかの敗戦。
こちらは、「6-0、4-0」となったところで途中棄権となりましたね。


さらには、第7シードのポーランド「エジィ・ヤノビッツ」に第8シードのウクライナ「アレクサンドル・ドルゴポロフ」が揃って、敗退。


なんと、上位シードで残っているのは、
第1シードのナダル
第4シードの錦織
第5シードのロブレド
第6シードのアルマグロ

となり、これは錦織選手にも優勝のチャンスが広がった感じです。


もちろん、ナダルが一番の強敵ですが、決勝まで行ける確率も格段に高くなったような気がしますね。


大会グレードが「ATP500」での優勝は、2013年2月のメンフィスが最後(このメンフィスは、今年からグレードがATP250に格下げとなりました)ですから、グレードの高い大会、そしてトップシードに名のある選手が存在している大会を制覇していきたいところですね。

しかも、今まで獲得した4つのタイトルは、すべて「ハードコート」でしたから、ここいらで「クレーコート」のタイトルも獲得できると最高ですね。


何はともあれ、大きなチャンスが巡ってきたこの「バルセロナ・オープン」。
打倒ナダルへの第一歩となるかもしれません!


2014年バルセロナ・オープン-錦織圭が初戦に勝利!

2014-04-22_2

スペインバルセロナで行われている「バルセロナ・オープン」

第4シードで登場した錦織圭選手が、初戦で地元スペインの「ロベルト・バウティスタ・アグ」を「6-1、4-6、6-3」のフルセットで倒し、3回戦へと駒を進めました。


今回が初対戦となった両者。

アグは、今年の「全豪オープン」でグランドスラム初となる「ベスト16」へと進出し、2回戦ではなんとアルゼンチンの「ファン・マルティン・デル=ポトロ」を破っています。


さらに先月の「インディアンウェルズ」でも「ベスト16」へと進み、やはり2回戦で「トーマス・ベルディヒ」を倒しています。


ツアー優勝の経験はないものの、安定感のあるプレーで錦織選手にとっても初戦の相手としては、少々やりにくい相手だったかもしれません。


この試合、15度のブレークポイントを掴んだ錦織選手は、その内7度のブレークに成功。
2時間弱でアグを退けました。

2014-04-22_3

3回戦は、カザフスタンの「アンドレイ・ゴルベフ」となります。


2014年バルセロナ・オープン-【ドロー表】錦織圭が第4シードで登場!で書いた予想は見事にはずれ(笑)、ゴルベフが進出してきました。

2014-04-22_4

この対戦も、初対戦となります。


ゴルベフは、今月上旬のデビスカップでスイスチームと対戦した際に、シングルスで2試合戦っていましたが、初日の「スタニスラス・ワウリンカ」戦は非常にいい戦いを披露していましたね。


全豪オープンでグランドスラム初制覇、そして先週のモンテカルロ・マスターズでマスターズ初制覇となったワウリンカを見事に揺さぶっていました。


ランキング下位とは言え、油断のできない相手になるでしょう。


まだ序盤ですが、準決勝でおそらく対戦するであろう「ダビド・フェレール」までは順当に勝ち上がってほしいですねぇ~!


↓錦織圭 VS ロベルト・バウティスタ・アグのハイライト


2014年バルセロナ・オープン-【ドロー表】錦織圭が第4シードで登場!

2014年バルセロナ・オープンドロー。錦織圭が第4シード
見づらい方は、こちらからPDFファイルをダウンロードしてください。


今月21日から始まるスペインでの「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(ATP500)」。

端々は「ラファエル・ナダル」と「ダビド・フェレール」の2人となりました。

日本の錦織圭選手は「第4シード」で登場します。


とりあえず、錦織選手が上位シード選手と対戦すると仮定すると以下のようになりますね。


■3回戦

錦織VSペール

■準々決勝

錦織VSロブレド

■準決勝

錦織VSフェレール

■決勝

錦織VSナダル

戦績だけ見ると、他の選手にも決してひけをとらない数字が出ますよね。


当然、フェレールとナダルが関門となるわけですが、先月のマイアミでフェデラーを倒した1つ前に倒した選手がこのフェレールです。

ただ、クレーコートで通算267勝を上げているフェレールとこれまでにクレーコートでの対戦がないですから、マイアミのハードコートのように、簡単にはいかないでしょうねぇ。


そして、やはり何と言っても倒したい、いや、とりあえず1セット取りたいのがナダルですね。

これまで6戦全敗という結果もそうですが、セットを中々取れないのです。

今年の全豪オープンではだいぶナダルを苦しめましたが、それでも1セットも奪うことができませんでした。

クレーの王者が、まずヨーロッパシーズン最初の「モンテカルロ」を落としてしまいましたし、「4連覇」がかかる地元のバルセロナですからねぇ。


・・・こちらも難しいかもしれませんけど・・・。


ナダルは、2003年にバルセロナに初参戦した時に負けただけで、以降出場した8回すべて優勝しています。

つまり、バルセロナでの戦績は、「40勝1敗」。

今、最も注目されている若手の1人である錦織選手が、どこまで立ち向かうことができるか・・。
期待したいですね!