キラリと光る運動神経を磨きたい!!体育家庭教師にお願いしよう!

2012-09-20

「家庭教師」
それは、例えば・・・・・



「○○大学」に通う頭のいい学生が、参考書を片手に、ある公式とにらめっこ。
彼は、ずり落ちそうになるメガネを直しながら、ふと「あっ、そろそろ山崎君の
数学の時間だ」
とつぶやき、教えている生徒の自宅に向かった。

30分後、彼はおもむろに玄関の格子戸に手を掛けた。
たてつけの悪くなったその入口の扉は窮屈そうな音を上げて、
少しずつ右へ滑っていく。


「今晩は~」


「は~い、あら先生。今日もよろしくお願いします。隆は部屋に居ますんで、
たかし~、先生よ~。後でお茶をお持ちしますから、さぁどうぞ。」

と教え子の山崎君のお母さんと挨拶を交わした後に、一人勝手知ったる
狭い階段を上がり2階の奥にある部屋の入口まで進む。

彼が襖を開けるとその先には、6畳和室の片隅の机に向かっていた山崎君がいた。
机のスタンドの明かりだけで勉強中のようだった。

こっちを振り向いた山崎君は「こんにちは、先生。」とにこやかに挨拶をした。

「やぁ~今日は2次方程式からだったね。じゃぁ教科書の45ページから行ってみようか」



・・・というようなやり取りを思い出しますよね。えっ、昭和の匂いがしますか?
ドラえもんののび太君の家にキテレツの勉三さんがやってきたような
イメージを思い浮かべていただければ。。。(汗)


それがなんと、今では体育の家庭教師ですよ~。何とも爽やかじゃないですか。
確かに、小学生のうちに運動を苦手としてしまう子ども達は、ずっとそれを
引きずっていくような感じがしますよねぇ。

体育でも、それ以外でも「運動することを好きになってもらう」、と言う意味では
とてもいいことだと思います。

この体育家庭教師は、大人を対象にしているコースもあるんですが、
大人の場合、だいたいはダイエットに重きをおいているような気がしますね(笑)

とにかく、逆上がりでも、跳び箱でも、でんぐり返しでも・・・

子ども達が好きになるきっかけだけでもつかんでくれれば、
家庭教師にお願いした甲斐が見いだせるかもしれませんね。


「キラリと光る運動神経を磨きたい!!体育家庭教師にお願いしよう!」


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb