マスターズ1000

2014年パリ・マスターズ-今年のマスターズ総括とパリのスーパープレイ集

いわゆるBig4(N.ジョコビッチ、R.フェデラー、R.ナダル、A.マレー)の独壇場が長らく続いてきた「マスターズ1000」レベルの大会も、今年はだいぶ様相が変わってきましたね。

「パリ・マスターズ」も終わってみれば、ベスト4に残ったのは、「ノバク・ジョコビッチ」、「ロジャー・フェデラー」の常連組と「錦織 圭」、「ミロ・ラオニチ」の若手躍進組。

結局優勝はジョコビッチとなったものの、今年1年のマスターズは極めてBig4以外の強さも目立つ年となりました。

一年間の9大会で、Big4以外のマスターズ優勝者が2人以上出たのは、2010年以来となります。

■モンテカルロ・マスターズ
スタン・ワウリンカ

■ロジャーズ・カップ
ジョー=ウィルフリード・ツォンガ


一方、Big4は7大会でマスターズ優勝を獲得しました。

■インディアンウェルズ
ノバク・ジョコビッチ
■ソニー・オープン
ノバク・ジョコビッチ

■マドリード・オープン
ラファエル・ナダル

■ローマ・マスターズ
ノバク・ジョコビッチ

■シンシナティ・マスターズ
ロジャー・フェデラー

■上海マスターズ
ロジャー・フェデラー

■パリ・マスターズ
ノバク・ジョコビッチ



しかし、準優勝者は、実に4大会でBig4以外となりました。

■マドリード・オープン
錦織 圭

■シンシナティ・マスターズ
ダビド・フェレール

■上海マスターズ
ジル・シモン

■パリ・マスターズ
ミロ・ラオニチ


錦織選手とシモンはマスターズ決勝は初。
ラオニチは昨年のロジャーズ・カップに続いて2度目と、新しい顔がマスターズで決勝まで残るようになりました。

来年は、今年よりもBig4以外のタイトル獲得選手がもっと増えてくれるとさらにおもしろくなりそうですね。


それでは、最後にパリでのスーパープレイ集をご覧ください!!


2014年パリ・マスターズ-優勝のジョコビッチがキャリア600勝を達成!

2014年パリマスターズ優勝のジョコビッチが笑顔

世界ランキング1位の「ノバク・ジョコビッチ」が、現役選手でも4人しかいなかった
「ツアーでの勝利試合数600勝」を「パリ・マスターズ決勝」での勝利で達成しましたね。


■現役選手の勝利試合数600勝以上の選手

1位)ロジャー・フェデラー【991勝】
2位)ラファエル・ナダル【706勝】
3位)レイトン・ヒューイット【611勝】
4位)ダビド・フェレール【602勝】
5位)ノバク・ジョコビッチ【600勝】

歴代でも23人しかいない「600勝以上」を達成した選手に見事に仲間入りを果たしました。

さらに、今回の「パリ・マスターズ」は、年間で最後のマスターズ大会になるのですが、ここでも優勝トロフィーを獲得したジョコビッチ。

「モンテカルロ・マスターズ」を除いて、年間で出場義務のあるマスターズは全部で8大会。

その内、実に半分の4大会はジョコビッチが優勝を獲得しました。


■2014年ジョコビッチが獲得したマスターズ大会

●インディアンウェルズ
●ソニー・オープン
●ローマ・マスターズ
●パリ・マスターズ


そして、キャリアでもマスターズ優勝は20度目となったジョコビッチは、
マスターズ優勝回数は歴代3位。

2位のフェデラーの背中も見えてきましたね。


■マスターズ優勝回数

1位)ラファエル・ナダル【27回】
2位)ロジャー・フェデラー【23回】
3位)ノバク・ジョコビッチ【20回】

上位3人は、いずれも現役選手ですし、やはり別次元にいる感じですねぇ。
ちなみに、マスターズでよく勝っていたイメージのある「アンドレ・アガシ」は「17回」。
錦織選手のコーチである「マイケル・チャン」は「7回」ですから・・・。

この3人の優勝回数がずば抜けているのがよく分かりますね。


さて、結局決勝戦も「ミロ・ラオニチ」を寄せ付けず「6-2,6-3」で勝利したジョコビッチは、
今年のパリの大会は、1セットも落とさず優勝したことになりました。

これで、「インドアコートで26連勝中」
まさしく、「インドアの王者」になりつつありますね。

続く「ツアーファイナル」も、インドアコートですし、昨年の覇者でもあるジョコビッチ。
今のところ、No.1に隙はなさそうですなぁ。


そして、この時期になると、ランキング1位でシーズンを終えるかどうかに注目が集まりますが、
1位のジョコビッチと2位のフェデラーの差は、「パリ・マスターズ」が始まる前まで「490ポイント」しかありませんでした。

しかし、優勝のジョコビッチが1,000ポイントを獲得し、ベスト8で終わったフェデラーが180ポイントしか獲得できなかったため、「パリ・マスターズ」を終えた2人の差は、「1,310ポイント」に広がってしまいました。


「1週間前より好転したのは確かだよ。
パリでの良いプレーは、インドアコートでの自信にもつながるしね。
前にも言ったけど、今年最後の大舞台を前に勇気が湧いてきたよ。
ロジャーの試合を操れるわけではなく、自分自身の試合で何ができるかだ。
自分のすべきこと、良いプレーをすることに集中するだけさ。
自分が試合に勝利すれば、年間1位に近づくのだから。」

と語ったジョコビッチ。
仮に優勝した場合の「1,500ポイント」は、ラウンドロビンから一度も負けずに優勝しなければ、入らないため、
ジョコビッチを追いかけるフェデラーにとっては、このファイナルでの戦いは少々きついかもしれません。

そんな中でも、3度目の年間1位を目指すジョコビッチに気負いは感じられず、ただ前を見つめるのみですね。


ラオニチに対して、ジョコビッチは通算「4勝0敗」と成績を広げ、ビッグサーバーであるラオニチにわずか「9本」しかサービスエースを与えませんでした。

「ここぞ、という今日の試合で、今週一番のプレーができたよ。
リターンもたくさんできたし、全体的に自分のプレーにはとても満足している。」

と、パリでの自分のプレーに非常に納得顔のジョコビッチ。

それもそのはずで、ジョコビッチに新しい家族である「ステファン君」が10月21日に誕生して以来、初の大会参加となったこのパリで、「1セットも落とさず優勝」を獲得したわけですからねぇ~。

“次世代の期待される選手”、と最近では常に言われている錦織圭、ラオニチと準決勝、決勝で圧勝したわけですから・・。
王者の力は健在ですね。


それでも、キャリアでマスターズ2度目の決勝進出を果たしたラオニチは、
「ツアーファイナル最後の席」を獲得しましたね。


錦織選手、チリッチ、そしてラオニチと新しい顔ぶれが、おなじみのファイナルメンバー達とどのような戦いを見せてくれるのか・・・。


今年のテニスは、まだまだこれからですね!


↓ジョコビッチ VS ラオニチのハイライト動画


2014年パリ・マスターズ-ジョコビッチが錦織圭を圧倒!

2014年パリマスターズジョコビッチが決勝へ

アメリカ/ニューヨーク・・・。


この地で行われた年間最後のグランドスラムである「全米オープン」。


準決勝の舞台で、優勝大本命だった世界ランク1位の「ノバク・ジョコビッチ」が、日本の錦織選手に圧倒されてしまったあの夏の日から2ヶ月あまり。

現在行われている「パリ・マスターズ」でも同じく準決勝で、この両者の対決が再現しました。


ジョコビッチにとってリベンジマッチとなったこの一戦は、逆にジョコビッチが圧勝。

ここパリで昨年に引き続き2年連続決勝の舞台へと進むのに、
たったの62分という短い時間で試合を終えることになりました。


好調に見えた錦織選手も準々決勝では、今年のマスターズだけで3度目の対戦となった「ダビド・フェレール」に対してまたしても勝利!!

しかし、深夜に終わった熱戦に加え、この勝利で「ツアーファイナル」を決めた錦織選手に一気に疲労が溜まってしまったのか、期待されたジョコビッチ戦は、完全に精彩を欠いていましたね。


緒戦の「トミー・ロブレド」からこのフェレール戦までの3戦すべてがフルセットだったこともあり、残念ながら今年2度目のマスターズ決勝とはなりませんでした。


「この大会、セットを落とさずに決勝に行けて良かったよ。
明日は気分良くプレーが出来るはずだ。
ケイはサーブが良くなかったね。
たぶん、昨日の試合が遅くに終わったから疲労が残っていたんじゃないかな。
まぁ、とにかく自分は良いプレーができたし、やるべき事に集中できたよ。
大事なところでは、特にサーブが良かったし、明日への自信にもなるね。」

とジョコビッチも錦織選手の疲労を感じ取っていたようですね。


それにしても、ツアー終盤で、各選手それぞれに疲労がピークとなるこの時期に、
ジョコビッチは相変わらずタフなプレーを見せてくれますねぇ。

さて、決勝の相手は、「トマス・ベルディヒ」を倒した「ミロ・ラオニチ」となりましたね。

「ラオニチはすごいね。
サーブが良い選手の1人だよ。
ミスが少ないし、セカンドサーブは高く跳ね上がってくる。
身長が大きいながらとても動きがいい。
ベースラインからの組み立てが良くなったし、今は完成された選手になってきたね。
彼のキャリアでも素晴らしい時だと思うし、フェデラーやベルディヒを倒して勝ち上がってきた。
勢いに乗っていると思うよ。
サーブがいいのは分かっているから、明日の試合のキーの1つとしては、リターンを多く返すようにして、彼にコート上でプレーさせることさ。」

と決勝のラオニチ戦を見据えたジョコビッチ。

対戦成績は、ジョコビッチの「3勝0敗」と負けなしですが、やはりラオニチのサーブは誰にとっても脅威でしょうね。

さて、この準決勝の勝利で、ジョコビッチはキャリアの通算勝利数が「599勝」となりました。


今年、現役選手でキャリア600勝を達成した選手は、

「レイトン・ヒューイット」
「ダビド・フェレール」

の2人がいますが、この2人は30歳超えでの達成。
ジョコビッチは「27歳」にして早くも600勝が目前に迫ってきたわけですね。

今年もここまで「55勝」を上げて、タイトルも「5つ」獲得している正に”強者”ですね。


それにしても、ジョコビッチは、「インドアに強い」ですよね~。


2012年、2013年と2年連続「ツアーファイナル」を制しているジョコビッチ。


この2012年のツアーファイナルから、この大会の錦織選手を破るまで、
ハードコートとクレーコートのインドアで戦ってきた25試合すべて勝利を収めていますからねぇ~。


ここパリでまた優勝となると、「インドアの王者」として3年連続ファイナル制覇へ弾みがつきますなぁ。。。


「ノバクはタフだね。
ミスがないし、ベースラインからも安定している。」

と今回は完敗を喫した錦織選手。


この借りはロンドンできちっと返したいところですね!


↓ジョコビッチ VS 錦織のハイライト動画


2014年パリ・マスターズ-ジョコビッチが今季最終ランク1位へ着々!

2014年ジョコビッチがパリマスターズでベスト4

現在ランキング1位の「ノバク・ジョコビッチ」が「ロジャー・フェデラー」と争っている「年間最終1位の座」も、現在行われている「パリ・マスターズ」の準々決勝で少しジョコビッチに余裕が生まれたかも知れませんね。

ジョコビッチは、「アンディー・マレー」に対して「7-5, 6-2」のストレート勝利を収め、ベスト4へ進出。
日本の錦織選手との対戦が実現しました。


ジョコビッチは、ここパリで2度優勝の経験がありますが、今年も順調に準決勝まで進んできましたね。


「マスターズ1000」レベルの大会では、今年3回の優勝を獲得しているジョコビッチは、
今年のマスターズでは、決勝まで進めば負け知らずとなっています。

つまり、全米オープンの準決勝で敗れた相手である錦織選手との戦いが鬼門となるでしょうね。


「1stセットは際どかった。
ブレークのチャンスは少なく、自分のサービスゲームは良いプレーができた。
そして、終わりの方で決定的なブレークを決めることができたね。
2ndセットが始まってすぐにブレークされたが、彼のダブルフォルトですぐにブレークで返すことが出来た。
それからは、自分のショットが振り抜けて、とても良い感触でプレー出来たよ。」

「ファイナルに向けて、彼が7週間連続でプレーしていたのは分かっていた。
その間、3つのタイトルを獲得して、素晴らしいテニスをしていた。
自分が最初のセットを取れたら、体力的に自分の方が有利になると思っていたし、実際にそうなってチャンスを掴むことが出来た。」

と勝利の要因を語ったジョコビッチ。

結局、今年4度の対戦を行った両者は、ジョコビッチの4連勝で幕を閉じましたね。
しかも、そのすべてが以下の様にハードコートでした。

●ソニー・オープン
●全米オープン
●北京・オープン
●パリ・マスターズ
そして、マレーとの対戦成績も「15勝8敗」と大きくリードすることとなりました。


さらに、ジョコビッチはフェデラーとの「最終ランキング1位の座」についても語りましたね。

「自分が準決勝に進んで、ロジャーが準々決勝で敗退したことは、確かに僕らの戦いにとって自分の方が有利になるよ。
でも、計算はしないようにする。
まだ試合に集中しなければならないし、この大会の緒戦で戦ったようなプレーをしたいね。
そしてNo.1で終われたらいいと思う。」

今年、5度のタイトルを獲得してきたジョコビッチは、年間を通して好調のまま終わりそうですね。


一方、ファイナルの切符を掴んだものの敗れたマレーは、ポイントを稼ぐために、ここ何週間かの激務から少し体を休めるようですね。

「2ndセットですぐブレークできたし、1stセットはだいぶ接戦だった。
ちょっと休んで、また、ロンドンで会えると思うよ。
先週までで、だいぶ自身を取り戻せたし、ロンドンでも良い状態で入りたいね。
この間は、自分にとってもいい調整時間になると思う。
でも、まだ他の出場選手達に比べると自分のプレーが出来ていないけどね。」

10月間際までノンタイトルでシーズンを送っていたマレーにとって、
この数週間で獲得した優勝の味と、それに伴う体の疲れの両方がのしかかっているようですね。


さぁ、ジョコビッチにとっては、全米オープンの雪辱を果たすチャンスがやってきたわけです。
対する錦織選手は、初のツアーファイナル出場を決めて勢いに乗っているだけに、
非常に楽しみな対戦となりますね。


今年5月のマドリードで取り逃がしたマスターズ初優勝を錦織選手が獲得できるか・・。


今年2度目のユニクロ対決は、もうすぐです!!


↓ジョコビッチ VS マレーのハイライト動画


2014年ウェスタンサザンオープン-ジョコビッチが挑むキャリアゴールデンマスターズ!

2014年シンシナティ・マスターズ

ウィンブルドンを制覇した「ノバク・ジョコビッチ」にとって、その後のビッグトーナメントである8月のマスターズは苦戦の始まりとなりましたね。

先週の「ロジャーズ・カップ」では、3回戦でフランスの「ジョー・ウィルフリード・ツォンガ」に敗れる波乱に見舞われ、
迎えた今回の「シンシナティ・マスターズ」。

初戦は、これまたフランスの「ジル・シモン」が相手となりました。

前回のロジャーズ・カップ2回戦の「ガエル・モンフィス」戦からフランス人選手との3連戦となりましたが、
今回は「6-3, 4-6, 6-4」のフルセットで何とか退けました。


「大方良い試合が出来たと思うよ。
2ndセットの終わりと3rdセットの始めはよくなかったけど、どんな試合でも積極的にプレーしようと思っている。
まだ自分のプレーには程遠いけど、全力を尽くしていくよ。」

と語ったジョコビッチ。

「マスターズ1000」レベルの大会で幾度となく優勝を飾ってきたジョコビッチにとって、
このシンシナティでの大会が唯一、優勝経験のない大会となります。


シングルス選手として、9つあるマスターズをすべて制覇した選手はいない中で、
ジョコビッチはそれに向けて今年も始動したわけですね。

昨年も、同じ状況でこの「シンシナティ・マスターズ」を迎えましたが、準々決勝で「ジョン・イズナー」に敗れてしまいました。


そんなプレッシャーのかかるこの大会の初戦、雨による中断もあった中で、
上々の滑り出しを見せてくれましたね。


「彼は、ベースライン後方からの横の動きがとてもよかった。
対戦するプレーヤーに余計にショットを打たせ、色んなプレーを組み合わせ、ペース配分を変え、試合のペースを掴もうとする。
彼は相当いいプレーを見せていたし、僕にエラーが出始めると、ラリーを支配されるようになった。
3rdセットの土壇場まで同じような状態が続いたけど、何とか戦い続けた。
今日のような試合に勝つことが出来て嬉しいよ。」

と、勝利したジョコビッチ。

誰も達成したことのない記録へ。
今年もジョコビッチの挑戦が始まります!


2014年ロジャーズ・カップ-ツォンガがフランス人初の栄冠!フェデラー敗れる!

2014年ロジャーズ・カップ優勝はツォンガ

「ロジャーズ・カップ」の決勝戦。
とうとう、この大会で初めてフランス人選手が優勝トロフィーを掲げる瞬間がやってきました!


「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ」が今大会第2シードで、2度の優勝経験を持つ「ロジャー・フェデラー」に「7-5、7-6(4)」のストレート勝利。

ツォンガにとっては、1年半ぶりのツアー優勝を、「ロジャーズ・カップ」という大舞台で達成することになりました。

そして、3月以来、5ヶ月ぶりにまた「Top10」へと返り咲くことになりました。

「嬉しいよ。
しばらくは、優勝できたことが実感できないかも知れない。」
と、喜びを爆発させたツォンガは語っていましたね。


「以前にパリで優勝した時とは状況が違うよ。
家族や友達やフランスの観衆の前で、初めてマスターズのタイトルを取った。
ここでは、ただ自分の持っているプレーをするだけだ。
本当にこの大会は良いプレーが出来た。
たくさんの素晴らしい選手達を倒すことが出来たよ。
昨年の膝のケガから一生懸命練習してきたから大きな成果になった。」

と、昨年膝のケガに苦しんだツォンガは、思うような成績を残せていませんでした。


この大会、最後にフェデラーを倒したツォンガは、3回戦から怒濤の「Top10選手4人斬り」となりましたね。

■ツォンガの3回戦以降の対戦相手とランキング

・3回戦
ノバク・ジョコビッチ(1位)

・準々決勝
アンディー・マレー(9位)

・準決勝
グリゴール・ディミトロフ(8位)

・決勝
ロジャー・フェデラー(2位)


「マスターズ1000」レベルの大会で、1大会にTop10選手を4人も倒したのは、12年前のこの「ロジャーズ・カップ」で「ギエルモ・カナス」が達成して以来の快挙になりましたね。

ちなみに、カナスが倒した4人のTop10選手の中には、当時ランキング10位、1回戦で倒した「ロジャー・フェデラー」もいました。


そして、Top10圏外の選手が「マスターズ1000」を制覇したのは、2010年の「インディアンウェルズ」で当時ランキング26位の「イワン・リュビチッチ」が達成して以来となりますね。


一方、この大会中に33歳を迎えたフェデラーは、前人未踏の「マスターズ1000」通算300勝に王手を掛けたこの一戦でしたが、次の「シンシナティ・マスターズ」までお預けとなってしまいました。

フェデラーは、この決勝戦で凡ミスがツォンガの18本に対して、
倍を超える「37本」

「2012年のシンシナティ・マスターズ」以降、マスターズ以上の大会で優勝トロフィーを獲得できていないフェデラーですから、さすがに気負ったところがあったのかもしれませんね。


「ベースラインからのリズムについて、今日は本当に難しかった。
これまでとは違う大会のようだったね。
まぁ、言い訳はしないよ。
彼は、ここぞと言うときに素晴らしいプレーをしていたし、彼のキーポイントでもあるサーブが本当に良かったと思うよ。
総括するならとてもいい週だったよ。
ハードコートに戻ってきて最初のトーナメントで決勝まで来たからね。
次の大会、そしてその後の大会に向けて、自分が何をしたらよいかは分かっているよ。」

と、ロジャーズ・カップでまたまたツォンガに敗戦を喫してしまったフェデラー。


両者の対戦成績は、これで「11勝5敗」とフェデラーに分があるのですが、

実は、フェデラーが喫した5敗の内、3つはこの「ロジャーズ・カップ」で負けているんですね。


なぜか、このカナダの地でツォンガに勝つことが出来ないフェデラーは、
シンシナティに場所を移す次の「シンシナティ・マスターズ」に備えることになります。


既に初戦の相手が決まっている両者。


今年7つ目となるマスターズの戦いで、両者とも2週連続のファイナリストになるのに十分な調子の良さを伺うことが出来るだけに、全米オープンまで続くこれからのビッグトーナメントも楽しみですね!


↓フェデラー VS ツォンガのハイライト動画


2014年ロジャーズカップ-フェデラーが通算120度目のツアーファイナルへ!

2014年ロジャーズカップ決勝戦はフェデラーとツォンガ

ロジャーズ・カップの決勝戦へと進んだ「ロジャー・フェデラー」。

今年好調のフェデラーは、「マスターズ1000」レベルの大会で、
「インディアンウェルズ」、「モンテカルロ・マスターズ」に続く今年3度目の決勝の舞台へと到達しました。


これで、フェデラーは、「マスターズ1000」では、「37度目」の決勝戦。
すべてのツアーだと、なんと「120度目」の決勝の舞台となるわけですね。


また、次の決勝戦で勝利すると、前人未踏の「マスターズ1000」での「勝利試合数300」という節目を達成することにもなります。


さて、準決勝の相手は、スペインの「フェリシアーノ・ロペス」でしたが、
「6-3、6-4」という危なげない試合運びを見せ、1時間22分で試合を終えることになりました。


ロペスは、準々決勝で、地元で昨年のファイナリストである「ミロ・ラオニチ」を倒してのこの舞台でした。

ラオニチとの対戦では、1ゲーム内でなんと「9度のブレークポイントを守った」という展開もありましたが、フェデラーとの対戦前まで、今大会で遭遇した29度のブレークのピンチ中、なんと「27度」を守ってきたロペス。

この試合でも、1ゲーム内で7度のブレークのピンチを迎える展開もあったのですが、
今回は、フェデラーからブレークを守ることが簡単ではなかったようですね。


「自分としては、サーブも良かったし攻撃的にプレー出来た。
思い通りにプレー出来ていたと思う。」

とフェデラーも語ったように、労せず勝ち上がることが出来たような試合運びでしたね。


さぁ、いよいよ決勝戦を迎えるわけですが、何度も対戦してきた「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ」との対戦となりました。

「ツォンガが、長い間Top10選手としてやってこれたのは、素晴らしいサーブと攻撃的なプレー、そしてラリーで良いポジションを作って、ショットを決めてくるからさ。
そうやって、ポイントを取られていくんだ。」

これまで15回の対戦経験があり、今年既に2度、ツォンガと対戦を行ったフェデラーですから、お互いに手の内は知り尽くしています。

この2人の対戦で面白いのは、15回の対戦で4度しかフェデラーに勝利していないツォンガも、
このすべてを、「グランドスラム」、もしくは「マスターズ1000」の大きな大会で勝利を上げているんですね。

■ツォンガがフェデラーに勝利した大会

・ロジャーズカップ(2009年)
・ウィンブルドン(2011年)
・ロジャーズカップ(2011年)
・ローランギャロス(2013年)

もちろん、フェデラーが勝利している”11勝”の中には、これらの大きな大会で勝っているものもありますけどね。。。

そう、そしてこの「ロジャーズ・カップ」では、ツォンガの2戦2勝。
若干、ツォンガの方に分があるかもしれませんね!


フェデラーにとって、”3度目の正直”となるのか・・・
ツォンガにとって、”2度あることは3度ある”のか・・・

Big4の最後の砦となったフェデラーが、「マスターズ1000」のキャリア22勝目を掛けた戦いは、
もう間もなくですね!


↓フェデラー VS ロペス フェデラーの股抜きショットとホームラン


2014年ロジャーズ・カップ-ツォンガがキャリア3度目のマスターズ決勝へ!

2014年ロジャーズ・カップ決勝に進んだツォンガのガッツポーズ

この大会の3回戦で、ランキング1位の「ノバク・ジョコビッチ」を倒してからというもの、
ダークホース的存在となっていた「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ」が、トントン拍子で決勝まで勝ち進んできましたねぇ~。

準々決勝では、「アンディー・マレー」、そして準決勝では「グリゴール・ディミトロフ」に完勝。
2011年の「パリ・マスターズ」で準優勝となって以来の「マスターズ1000」決勝の舞台へとやって来ました。


「調子はいいよ。
ここ何年もこの瞬間を待っていた。」

とツォンガが語るように、約3年ぶりの大一番となりますね。

2008年の「パリ・マスターズ」でマスターズ優勝経験のあるツォンガは、今回優勝するとキャリア11勝目を達成することになります。


一時期は、ランキング5位まで浮上したことのあるツォンガですが、現在は15位と少し低迷していました。
しかし、この大会はここまで3人続けてTop10選手を撃破したことになります。

その内のジョコビッチとマレーに関しては、この大会の優勝経験も持っている選手達ですから、
正に破竹の勢いで勝ち進んできたことになります。

最近のフランス勢では、「リシャール・ガスケ」が2度、この「ロジャーズ・カップ」でのファイナリストになっています。

フランス人選手のファイナリストとしては、ツォンガが2人目となるわけですね。


対したディミトロフも準々決勝まで素晴らしい勝ち上がりを見せましたが、
キャリア初の「マスターズ決勝の舞台」はお預けとなってしまいました。


「昨日はあんな良い試合が出来たのに、受け入れられる負けではないね。
彼は良いプレーをしていて、自分がそれを上回ることが出来なかった。」

と敗戦に悔しさを表したディミトロフ。

続く「シンシナティ・マスターズ」でもシードとして登場することになっています。


さぁ、決勝の相手は、2度の優勝経験のある「ロジャー・フェデラー」になるか、
スペインのレフティー、「フェリシアーノ・ロペス」になるのか。


ツォンガにとって、これまでの対戦で1度も負けた事のないロペスが上がってきてくれた方がやりやすいでしょう。
その時は、世にも珍しい「Big4のいないマスターズ決勝戦」が見られることになるわけですね!


2014年ロジャーズ・カップ-ベスト4に残った唯一のBig4

2014年ロジャーズカップのベスト4

今年の「ロジャーズ・カップ」もいよいよベスト4が出揃いました。


2010年の「モンテカルロ・マスターズ」以降、「マスターズ1000」の大会は全部で39大会あるのですが、
その内Big4である ノバク・ジョコビッチ
ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー
アンディー・マレー

が優勝を勝ち取った大会は、なんと36大会。

上の4人以外が優勝したのは、以下の3大会しかありません。


■2010年パリ・マスターズ
ロビン・ソデーリング

■2012年パリ・マスターズ
ダビド・フェレール

■2014年モンテカルロ・マスターズ
スタン・ワウリンカ


それだけ、「マスターズ1000」の大会で優勝することは難しくなっている中で、
この「ロジャーズ・カップ」のベスト4の顔ぶれを見てみると、

「Big4で残ったのは、フェデラーのみ」

となっていますね。

中々、牙城を崩せなかったbig4も徐々にそのバランスを失いつつあるかも知れません。


今年のモンテカルロでワウリンカが優勝した時も、
本当に久しぶりにBig4以外の優勝者が出たわけですが、この大会でも同じ事が起きる可能性がありますね。


今回のベスト4の内、マスターズ1000での優勝経験があるのは2人。


一人目のフェデラーは、ロジャーズ・カップの準決勝進出が今回で「6度目」となります。 もう一人、マスターズ優勝経験のある「ジョー=ウィルフリード・ツォンガ」は、ロジャーズ・カップの準決勝は「3度目」ですね。


スペインのベテランである「フェリシアーノ・ロペス」と若手期待の「グリゴール・ディミトロフ」は共に、初の準決勝となります。


このロジャーズ・カップは、特にBig4の優勝が続いている大会でもあり、
2004年から2013年までの10年間は、4人の内の誰かが優勝しているのです。


■ロジャーズ・カップの過去10年の優勝者

2004年—–ロジャー・フェデラー
2005年—–ラファエル・ナダル
2006年—–ロジャー・フェデラー
2007年—–ノバク・ジョコビッチ
2008年—–ラファエル・ナダル
2009年—–アンディー・マレー
2010年—–アンディー・マレー
2011年—–ノバク・ジョコビッチ
2012年—–ノバク・ジョコビッチ
2013年—–ラファエル・ナダル


2003年に優勝したのが、「アンディ・ロディック」ですから、Top10圏内の選手が毎年順調に優勝している大会とも言えます。

期待したいのは、やはりディミトロフになりますかねぇ~。

今年の「ローマ・マスターズ」以来、キャリアで2度目となるマスターズ1000の準決勝の舞台。


今年、3つの大会で優勝を勝ち取って波に乗っている選手ですから、
番狂わせを起こせる力は十分に持っています。


大舞台での経験が豊富なツォンガやロペスがどこまで善戦できるかにも注目ですが、

今年のツォンガは、まだツアー優勝がないんですね-。

2011年から3年間、毎年必ず1つ以上の大会で優勝を勝ち取ってきた選手なだけに、
準決勝まで勝ち進んだこの大舞台で、今年初の栄冠を手にしたいでしょうね。

決勝の予想は、「フェデラー VS ディミトロフ」になるかな、
と思っていますが、はてさて。


「マスターズ1000」での優勝回数が、「21回」と、
27回のナダルに次いで「歴代2位」となるフェデラーの奮闘も期待したいところですね!


2014年ロジャーズ・カップ-フェデラーがフェレールにバースデー勝利!

2014年ロジャーズカップフェデラーが誕生日勝利

「8月8日」は、フェデラーの誕生日ですね。

この「ロジャーズカップ」に参戦している時、フェデラーにとっては自分の誕生日と試合が重なることがあります。

そして、今年3年ぶりに参戦したこの「ロジャーズ・カップ」で準々決勝の「ダビド・フェレール」戦が正に誕生日の試合となりました。

詰めかけた観衆が、2ndセットの第1ゲーム終了直後に、「Happy Birthday」を歌ってフェデラーを祝っていましたね。

「本当にとても感謝している。
多くの方々がお祝いしてくれる姿を見られるなんて本当に素敵なことだし、
皆さんも幸せであって欲しい・・
それに尽きるよ。」

と謝辞を述べたフェデラーは、このフェレール戦に「6-3, 4-6, 6-3」で勝利。

誕生日の戦績が通算「4勝0敗」となりました。

トロントでの開催では、2006年に勝利。
モントリオールの開催では、2003年と2007年に勝利しています。

このトロントでは、実に8年ぶりの「誕生日勝利」となったわけですね。

これで、フェレールとの対戦成績も「15勝0敗」と負けなしが続くこととなりました。


「調子が上がってきて、サーブが最後の最後でだんだん良くなってきたよ。
それがダビドとプレーするときのカギなんだ。
だって、彼は僕のセカンドサーブに対し、プレッシャーを掛けてくるようによく動くからさ。」

と、最終セットで自身のサービスゲームを一度も落とすことなく終えたフェデラーが、フェレール戦で重要となるサーブについて語っていましたね。


さて、いよいよ準決勝に到達したフェデラーを待つのは、フェレールと同じスペイン人の
「フェリシアーノ・ロペス」
となります。


ロペスは、準々決勝で昨年のファイナリストである地元カナダの「ミロ・ラオニチ」を破って勝ち上がってきました。

セットカウント2-2で迎えたロペスのサービスゲームでは、この試合ロペスが直面した9つのブレークポイントをすべて守りきりました。

この大会に入ってからのロペスは、ことごとく自身が迎えたブレークポイントを跳ね返してきましたね。

準々決勝までの29度のブレークポイントの内、なんと守ったブレークは27度。

このラオニチとの試合も最初の2セットはブレークポイントすら許さない、
という非常に試合を有利に進めていた感がありました。


「直面した9つのブレークポイントのあった第5ゲームの時に、自分のショットがはまって運が良かった。
終わりには、どういうわけかもう一度ブレーク出来たしね。
これがテニスさ。
こういったコートでは、お互いが攻撃的でサーブが良い状況では、そうなるもんさ。」

と語ったロペス。


昨年に続く準決勝進出を逃したラオニチは、

「観衆は素晴らしかった。
自分のベストのテニスが必ずしもできない今週のような難しい状況が多くある中で、
自分を助けてくれた。
地元でプレーしている時に、このようなサポートを受けることができて本当に素晴らしいことだよ。」

と通算成績を「2勝2敗」のタイに戻されて、淡々と語っていましたね。


さぁ、フェデラーにとっては通算で「51度目」となるマスターズの準決勝です。

ウィンブルドンのタイトルを逃してから1ヶ月。
誕生月のこの8月も、フェデラーの勢いは止まりませんね!


↓フェデラー VS フェレールのハイライト動画