【MLB】シンシナティレッズのクローザー最速169km投手の顔面に打球が直撃

メジャーリーグのオープン戦で、衝撃的なシーンが見られましたね。

キューバ出身で”最速169km”というとんでもない速球投手として知られる
「アロルディス・チャップマン」
ですが、なんとこの投手の“顔面に打球が直撃する”というショッキングなシーンがあったのです。 ↓

対戦相手は、今年から日本人の青木宣親選手も所属している「カンザスシティ・ロイヤルズ」


打球を放った選手は青木選手ではないのですが、160km以上の速球を打ち返した打球は一直線にチャップマンの顔面へ。

その場に倒れ込んだチャップマンに球場も騒然となりました。
オープン戦と言うこともあり、ここで試合は終了。

打球を放ったペレスという選手も呆然としていて、レッズの選手からも”気にするな”という感じで肩を叩かれていましたね。


幸い(と言っていいのかどうか分かりませんが)目の上と鼻を骨折しましたが、”二度と野球ができない”、”生活に支障を来す”ということはなさそうです。


顔への強烈なライナーだっただけに、味方も敵も観客も”ひやっ”としたことでしょう。

今年のメジャーリーグでは、試験的に投手の頭部を守るためのガードを帽子に入れて良いことになっています。
希望する投手には、このガードが渡されることになっていたのですが、このチャップマンの打球直撃シーンを見てしまうと、ガードを希望する投手が増えるかもしれないですね~。


とにかく大事に至らなくて良かったです。。。

roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb