【MLB】負けない田中将大と先発ローテーションが不安なヤンキース・・・

ヤンキース田中が6連勝!

2012年途中から数えてレギュラーシーズンで42度の先発マウンドに立ち、この間一切負けていない投手と言えば、
ニューヨークヤンキースの「田中将大」投手ですね。

2012年は終盤に4連勝。
日本での最終年となった2013年は、27度の先発で「24勝0敗」と圧倒的な記録を残していますが、
現在のヤンキースでも、なんと「5勝0敗」

今だに不敗神話が続いていて、積み上げた連勝は「33」となりました。


さて、メジャー6連勝を掛けた水曜日、田中投手がニューヨークメッツ戦に先発しました。


ア・リーグのヤンキースとナ・リーグのメッツと言えば、リーグをまたいで同じニューヨークに本拠地を持ちます。
この2チームがレギュラーシーズンで対戦する場といえば、交流戦になるわけですが、

水曜日は、正にその交流戦、いわゆる「サブウェイシリーズ」での先発となりました。

しかも、敵地メッツの「シティ・フィールド」。

そして、このシティ・フィールドで、見事「4-0」とメジャーでの初完封を達成しました!


現在のヤンキースは、先発投手陣の3人がD.L(故障者リスト)に入る、という非常事態。
その内の1人は、エースの「C.C.サバシア」ですから、救援投手陣がオーバーワーク気味となっています。

そんな中で、先発投手が9回を投げきり、しかも「完封勝利」を収めたわけですから、チームにとっては非常に意味のある勝ち方になりました。


そして、田中投手が登板する前日まで、チームは今季ワーストの「4連敗中」。

波に乗れないチームに喝を入れるべくマウンドに上がり、4本のヒットを打たれるも、8奪三振、先発投手の100球制限を敷くチームが多い中、その例外ではないヤンキースで114球を投げ抜きました。

「4連敗だったので、連敗から脱したかったし、自分たちが勝つつもりで投げました。
こんなにすぐにサブウェイシリーズで勝てるとは思っていませんでした。」

と、伝統の一戦で早くも勝ち星を手にした田中投手に、ヤンキースのジラルディ監督を始め、敵将のコリンズ監督も”脱帽”といった様子でしたね。


また、この試合、メッツ(ナ・リーグ)の本拠地と言うこともあり、投手も打席に立つ必要があったのですが、9回に自身メジャーでの初ヒットも放ちました。


この田中投手の初ヒットに関しては、メッツ側が、
「うちの投手陣全体の打率よりタナカの方が打率がいい」

という自虐的なコメントを出しています。


田中投手は、ナ・リーグとの交流戦に先発したのが2試合目で、この日は「4打数1安打」。
通算でも「7打数1安打」ということは、1割4分2厘。


・・・まぁ、ピッチャーですからねぇ・・・
普段打席に立たないア・リーグの投手に打撃までは求めません。


しかし、メッツの場合は、投手が打席に立つナ・リーグですから、日本のセ・リーグ同様、
“ピッチャーがここぞと言うときにバッターボックスに入る”ということも少なくないでしょう。

実は、メッツの投手陣全体はここまでなんと打率が「0割0分0厘」!!

「64打数0安打」ですから、確かに田中投手より打率が低いですねぇ(苦笑)


必ず投手が打席に立つナ・リーグにおいて、ある意味驚異的な数字ではありますけど・・。



さて、ルーキーイヤーで、「6勝0敗」と言う記録は、1950年に「ウィッティー・フォード」が、「9勝0敗」という記録を達成して以来の無敗記録になるのだとか。

ヤ軍のトップバッターを務めた「ブレット・ガードナー」も
「タナカは僕らが勝つためには大きな存在だし、本当に良いピッチングだった。
序盤は少し攻め方を苦労していたけど、尻上がりに良くなっていったね。」

と田中投手の出来を評価していました。


ヤンキースは、これで2012年から続いた「サブウェイシリーズ」の連敗を「6」で止めました。

月曜日と火曜日のヤンキースタジアムでは、バカスカとホームランを打ちまくったメッツ打線も完全に田中投手の前には沈黙してしまい、ヤンキースにとって久々の勝利、そして久々のメッツ戦勝利となりましたね。


「彼が、今日私たちにもたらした物はものすごく大きな事だよ。」
とヤ軍のジラルディ監督も語っていましたが、今年ヤンキースに田中投手がいなかったら・・・
と思うと、ニューヨークのファンや関係者もぞっとするでしょうね。


経験のある黒田投手の調子が中々上がってこない中、
今、ヤンキースで”一番勝てる投手”として、田中投手が君臨しています。


田中投手と同じくルーキーの「ヤンガ―ビス・ソラーテ」も大活躍しているヤンキース。
若い力と「デレク・ジーター」のようなレジェンドの力が上手く組み合わせれば、

田中投手の渡米1年目でのシャンパンファイトは十分に達成できるでしょうね!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb