バースデーに放った・・・・・三重殺?!

4月22日は北海道日本ハムファイターズの中田翔選手の誕生日でした(拍手)。

25歳となった彼も、ファーターズの4番バッターとして3年目のシーズンを迎えることになったのです。


ホームランバッター故、自分でバースデーアーチを放って祝福したい・・・
ところでしたが、何と放たれた打球は良い当たりのセンターライナー。

そこから完成されたのはなんと・・・「トリプルプレー」でした!


4月22日に行われた東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ VS 福岡ソフトバンクホークスの試合。

3回裏のファイターズの攻撃。
3番バッターである二刀流大谷選手のタイムリーヒットで先制したファイターズは、なおも1、3塁と追加点のチャンス。

ここで、打席に立ったのが4番の中田翔選手です。


今シーズンホームラン5本を放っている中田選手は、当然6本目、7本目をこの自分の誕生日に狙っていたでしょう。

ソフトバンクホークスの先発投手であるスタンリッジの初球、タイムリーを打たれたスタンリッジの初球を狙っていましたね~。

打球は一直線にセンターへ。

「よしっ、タッチアップでもう1点!」と思いきや・・・・・



なんとタッチアップでスタートした3塁走者の西川選手がホームでタッチアウト。
これでダブルプレー。


そして、センターから直接ホームへボールが送られたのを見た一塁走者の大谷選手が1塁から2塁へタッチアップ。

ソフトバンクホークスのキャッチャー、細川選手が2塁へ送球してタッチアウト。
なんとトリプルプレーが完成してしまいました。




ソフトバンクホークスがトリプルプレーを完成させたのは、もう15年も前のこと。
現秋山幸二監督が現役でライトを守っていたときにトリプルプレーを完成させています。




本来なら、このセンターへの当たりと3塁ランナーの西川選手の足を考えるとホームはセーフになる確率が高いのですが、まぁ何と言うかホークスのセンター柳田選手の肩が凄すぎましたね。


残念ながら、この日ホームランどころかヒットも出なかった中田選手。

バースデーは毎年やって来ます!!

とりあえず、来年のアーチを期待しましょうか(笑)


ちなみにトリプルプレーって、プロ野球やMLBでも結構見ることができるんですね。

一番トリプルプレーが完成しやすいパターンは、やはり
「ノーアウトランナー1・2塁でサードベース付近のサードゴロで、5-4-3のトリプルプレー」 ですねぇ。

あっ、「5-4-3」というのは、
サードゴロをさばいた三塁手がそのまま3塁を踏んで、2塁ランナーがアウトになってまず1アウト。
2塁ベースカバーに入ったセカンドに送球して、1累ランナーがアウト。
そこから1塁に送球して、バッターランナーがアウト。

と、ボールが送られる場所を指すものです。


攻撃側としては、もうどうにもならないトリプルプレーの形です(笑)


対して、今回のファイターズが喰らったトリプルプレーは、
ボールインプレーで、ランナーが”フォースの状態”ではなかったわけですね。

つまり、ランナーが強制的に今いる塁から次の塁に追い出される物ではなかった、
ということです。

もし、3塁ランナーがタッチアップしなければ・・
もし、1塁ランナーがタッチアップしなければ・・

これらのランナーは「強制的に走らなければならなかったものではなかった」のです。


当然、3塁ランナーの西川選手は、自分の足に自信があったことに加え、
チームの4番が放った外野フライで何が何でも、”中田選手に打点を付けさせたい”と言う思いもあって、
走っているでしょう。


大谷選手もプレーの流れで”2塁に行ける”
と判断して行ったプレーなので、決して間違っていると言うわけではありません。


しかし、結果的にこれが「トリプルプレー」となり、
流れがホークスに傾き、この日のゲームもファイターズは落としてしまった・・
ということになったわけですね。


まぁ、そんなこんなで色んな形があるトリプルプレーをまとめた動画がありましたので下に載せておきますね(懐かしい選手がいっぱい!)↓


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb