「意外と知らない?!野球のルール集」を更新

フェアゾーンとファウルゾーンを分ける境界線。
それが「ファウルライン」。

ボールの位置や守備側の野手の体の位置など、
どうなったときに”フェア”だったり”ファウル”だったりするのかが
結構難しかったりしますよね。


今回は、フライがファウルライン近辺に上がってそれを守備側が捕球できなかった時の
フェア or ファウルの判定について、動画を交えて記事を更新しました。

「意外と知らない?!野球のルール集」


もちろん、ライトの選手は捕れると思って飛び込んでいって
グラブにボールが当たってしまったわけですが、
もし、ボールに追いつくことができずに、地面にボールが落ちていれば、
ファウルの判定をしてくれたかもしれませんね。


もちろん、ライトの選手が悪いわけではありませんよ。


近年、プロ野球審判のレベルが落ちているんじゃないか、というのは
よく言われていました。
(※そのせいもあってか、ビデオ判定も使われるようになりました・・)


この動画のように、誰が見ても
「いや、違うだろ!」
という判定はしてほしくないものですね!


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb