10代、20代が活躍!

昨日放送されていた各スポーツニュースは、日本ハムファイターズの試合を
トップニュースで報道していましたね。

各キャスターもそれぞれ北海道に飛んで、現地からこの試合の様子を
解説していました。

まぁ、それもそのはずで、あの「大谷投手」が無事に先発の役目を果たした
試合となったからです。

開幕からこれまでは打者として試合に出場していましたが、
交流戦の最中、しかもチーム4連勝がかかった大事な一番に華々しく
投手デビューとなったわけです。


ところで・・・


北海道には、日本テレビ系列で平日の15:48~19:00までに
「どさんこワイド」
という道民には毎日当たり前のように放送されている番組があります。

”関東の平日お昼の番組”と言えば、「笑っていいとも」じゃね??
と言う感覚と同じように、

”北海道の平日お昼の番組”と言えば、「どさんこワイド」じゃね??
と言う感覚でしょうか。
(夕方に始まって、夜7:00まで続くんですけどね(^_^))


今は、「どさんこワイド」を見ることが出来ない元道民のみなさん!

まだやってますよ、「奥さん、お絵かきですよ!」のコーナー。

お暇があれば、17:00頃にJR札幌駅南口へどうぞ(^o^)
夕方は、結構肌寒いですからお気を付け下さいね。


で、何の話でしたっけ・・・あっそうそう、


そのどさんこワイドでは連日のように「ファイターズ速報」が入るんです。
正に北海道移転10年目にして、ファイターズが道民の心を掴んだ要因でもあります。
(だって、どさんこワイド見てるとファイターズ情報が嫌でも耳に入るし、
野球中継と言えばファイターズの試合です。
そりゃ、”応援しましょうか”と言う気にもなりますって。)


そして、大谷投手が先発することが分かってからは大盛り上がり。
それこそ大谷君一人が注目されている状況となっていましたけど・・・。

これら道内、道外の報道と相反するかのように、
大谷投手は、本当に落ち着いて淡々と投げていましたね。
(MAX157キロですけどね、はやっ)


もちろん、北海道では生中継で日本ハムファイターズの試合が放送されていた
わけですから、5回を投げきるまですべて見ていましたが、
どさんこワイドをはじめ、多くの野球解説者やマスコミが熱くなっているよりも
はるかに落ち着いて投げていました。

そりゃね、
ランナーを出してからのクイックが課題だの、
投球数が増えてきたら球がすっぽ抜けだしたのは、投手としての練習量が
足りないからだの
「粗」を探せばいくらでも出てくるでしょう。


でも、
センター後方のテレビカメラから撮ると北海道の白い地図がくっきりと見える
札幌ドームのピッチャーズマウンドを、まるで自分の領域のように
何年もそこで投げ続けてきたかのように、しっかり投げていたように見えましたよ。


・・18歳かぁ


。。。¥¥¥^^^^----/////=====


と、自分の18歳頃を思い浮かべながら一人苦笑いですな。

先日、フェデラーに勝利したテニスの錦織選手が20代前半、
6月早々に、サッカーのワールドカップ予選のオーストラリア戦を戦うメンバーにも
香川選手のような20代前半の若い選手がいて、何とも若い世代が
各国で活躍している状況です。

そして、30代を過ごすわたくし管理人も
「ふんどしを締め直さなアカン」
と気合いを入れた次第だったりするわけです(笑)

30代、老けるには早すぎますもんね!


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb