国民栄誉賞の授与式に参加するもう一組の・・・

2013年5月5日と言えば・・・そう、
国民栄誉賞の授与式が東京ドームで行われる日
という感じで、ネット上のニュースでも大々的に報道されていますよね。


長嶋氏や松井氏の親交のある方のコメントや球場に届けられた花束の数々など
やはり愛されるお二人には、祝福の嵐が止むことはありません。

ケガをしてリハビリ中の由伸選手も東京ドームに足を運ぶとか・・・
周辺も慌ただしいですね。

それにしても、松井氏が日本を離れたのが10年前。

現在ジャイアンツに在籍しているメンバーで松井氏と一緒にプレーしていた
野手って、由伸と阿部と鈴木尚広ぐらいじゃないですかね。


おそらく長野の7番は二岡だったでしょうし、坂本の6番は
あのバントの名手、川相昌弘だったんじゃないかな、と思います。

10年経つと色々変わっていくもんですね(笑)


まぁ、松井「選手」と同じ時代を生きた者としては、
引退や国民栄誉賞の受賞は感慨深いものがありますよ。

(ニューヨークヤンキースの生松井を見たかったなぁ(T_T))
ニューヨークでも1日復帰プランがどうのこうのと言っていらしいので、
何かしらのセレモニーを行うかも知れませんね。


でも、盟友ジーターがケガでいませんから、どうなることやら・・・
今後も松井氏からは目が離せません。


・・・・そして


ひっそりと話題になるのが、やはりこの人なんです。
そう、プリティ長嶋氏。

最近、あまり見なくなった(気がする?)はなわと一緒に
球場と授与式を観戦するようですね。

長嶋氏からもお墨付きをもらっているプリティ長嶋と
松井氏からおそらくお墨付きをもらっていないだろうと思われるはなわと
ささやかに見守ってほしいですね。


「【祝】長嶋茂雄氏への祝福の声がとうとうプリティ長嶋氏にもやってきた」


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb