ダブルスチール

スリーアウトの瞬間は、ふぅっと息をつきましたね。
2013年のWBCも日本の戦いは終わりました。


まぁ、何やかんや言われているあの8回のダブルスチールですが、
そのプレーだけが敗因ではないですから、個々の選手を責められるわけではありません。

まぁ、せっかくダブルスチールというものが話題になりましたので、


「意外と知らない?!野球のルール集」


を更新してみました。

このプレー、普段のプロ野球の試合でも結構見られるプレーなんですが、
ランナー1塁・2塁の時には、

・ピッチャーのモーションや癖などが見抜けて、両方のランナーが100%成功する場面
・守っている側が「ここでは走ってこないだろう」と思っている裏をかいて走る場面

など、両方のランナーが盗塁成功しなければ意味のない作戦なんですね。


ましてやバッターが4番であれば、ランナーは自重することの方が多いのです。
(”裏をかく”というのはこういうことで、4番だからランナーは走らないだろう
と守備側が思っていると攻撃側がダブルスチールを決めたりする)


報道されている通り「行けるなら行け」というサインであれば、
1・2塁の場面ではランナーとしてはチョットキツイですね。

仮に1・3塁であれば
1塁ランナーが1・2塁間で挟まれる事は可能で、その間に3塁ランナーが
ホームに突っ込むこともできたかもしれません。


今回の場合、2塁にランナーがいますから、1塁ランナーは挟まれようがないんですね。
それをきちっと分かって1塁側から2塁側に向かって1塁ランナーを追いかけた
プエルトリコのモリーナ捕手も冷静だったと言うことですね。

(※仮に内川選手が追いかけられているときに、井端選手が3塁に向かって走った
としても、おそらく2・3塁間で井端選手が挟まれてタッチアウトになり、
結果、ツーアウト2塁となる状況には変わりないですから。)


ダブルスチールのサインってベンチも出しづらいサインだと思うんですよ。
アウトカウントを1つ余計に与える可能性が大ですから。

WBCの大一番で、これだけの賭けに出る必要があったのか、
ランナーは動かず、4番の一振りに賭けたほうが良かったのか、
今となっては、どのように推測してもしょうがないですけどね。


でも、これから始まるプロ野球のペナントレースで、ランナー1・2塁、ランナー1・3塁
の時には、バッティングだけでなく走塁面の攻撃方法もあるんだ、ということを
楽しむことができるんではないでしょうか。


「意外と知らない?!野球のルール集」


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb