日本ハムファイターズが提示した「道しるべ」

まさか、こういう結末になるとは・・という感じです。

そう、日本ハムファイターズに入団した大谷選手のお話です。


日本ハムファイターズファンなら誰しもが喜んだ入団発表になりました。
(つまり、わたくし管理人もです(^o^))

ドラフトで強行指名した日本ハムへの批判や、日本国内球団への入団に傾いてきた
大谷選手や高校への批判など、この1ヶ月半ぐらいたくさんの経緯を踏んできましたが、
それはまぁ色々な考えもあるでしょうから
ひとまず置いといて・・・(^_^;)


何よりもドラフト前から現時点で一番獲りたい選手を指名することを明言し、
その選手が自分の球団に見向きもしていないことを承知の上でも、
交渉を重ねて、最終的には入団として形を作った。

栗山監督をはじめ、日本ハム関係者の一致した強い思いの結果だと思うんです。

そして、気になっていたんですけど・・

当初からニュースにもなっていたあの大谷選手に提示した資料ですよ。
なんと、ファイターズのホームページ上で公開しているんです。


大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について


栗山監督曰く、「隠すものでもない」ということなんですが、
この考えが素晴らしいですよね。


ファイターズだけではなく、日本球界のためにも各球団が参考にしてもらってもいい
ということだと思うんですけど、
結果的に日本ハムファイターズが学校をはじめ各方面に迷惑をかけたと
謝罪しているから、その代償のつもりなのかどうかは分かりませんが・・
やはり「球団資料」ですし、まさか公開されるとは思いませんでしたよ。


しかも、その内容が野球だけでなく他のスポーツ選手のデータも合わせて
作成されているんです。

企業が作成するプレゼン資料としても参考になるんではないかな、と思いました。
一人のスポーツ選手に対してきちんと接していたことがこの資料を見るだけで
分かる気がしますね。


某監督は文句たらたらでしたが(笑)


でも、これだけの資料を用意されて熱心に自分のことを誘ってくれたら・・・
そりゃ、18歳でなくても心は動きますよ。

ファイターズのチーム力はやっぱり日本一だと思いましたね。


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb