1番と2番が復活

野球のオフシーズンには色々と話題があるもんですが、
我らが北海道日本ハムファイターズの背番号変更がニュースになっていましたね。


※容態感(←我が家のATOKはこのように変換しやがりました)


陽岱鋼(ようだいかん)選手が背番号1へ、大野将太選手が2となりました。
1番と2番の両方が欠番になっていることは分かっていましたが、確かに珍しい
ことではありますね。


出世した選手、これからの活躍が期待される選手が、
一桁の背番号を背負うことになるのですが、
1シーズンで「1」と「2」の両方が欠番になっていた2012年のシーズンは
見事にリーグ優勝を果たしました。


「1」と「2」が埋まったと思ったら、「3」の田中賢介選手がメジャー行きを
表明しましたよね。

ということは・・・メジャー行きが決まると来年は「3」が空くんですかねぇ~。


そういえば、「7」の宇宙人糸井嘉男選手もポスティングによるメジャー行きを
球団に申し入れたことがニュースになっていた気がします。

(何が宇宙人なのか、色々ネットを調べるとたくさん出てきます。
もちろんプレーは現役選手でも1位、2位を争うトップレベル。)


選手の後ろの顔ともいうべき背番号。
例え、一桁台が空くことになっても、すぐにその一桁を背負う期待の選手が
現れてほしいもんですね。


「プロ野球の背番号にまつわる話あれこれ」


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb