プロ野球の背番号を語る

巷では、
「ツインズの西岡選手が、阪神と契約合意か」
というニュースも流れる中、久々に

「プロ野球の背番号にまつわる話あれこれ」

を更新しました。


やっぱり、プロ野球の背番号で熱く語れる(?)背番号0や背番号00は
色々と語る方も多いですね。

そんな中、西岡選手復帰と共にクローズアップされた
「背番号7」
ジャイアンツの背番号7の歴史を見てみると
(西岡と全然関係ないやん、というツッコミをちょーだいしそうですが・・・)

管理人の記憶は元メジャーリーガーの「レジー・スミス」から始まります。
その前の「柴田勲」はあの「V9戦士」ですし、その後の「吉村」や「二岡」など
言わずと知れた名バッターばかり。


こう見ると蒼々たる選手がこの「7番」という番号を背負っているんですが・・・、
そう、なぜかジャイアンツで7番を背負った方って、現役中も引退後も
不名誉なスキャンダルの話題が多いんですよね。


現在の7番を背負う長野選手は、2012年は最多安打のタイトルを獲得した
こちらも名バッターの仲間入りを果たす選手になりました。

しかも、同時に最多安打を獲得した坂本選手にも拍手を送るなど、ナイスガイ
なところがあるじゃないですか!


すこ~し人気にかげりの見えるジャイアンツをどんどん盛り上げていってほしいですね。


はい、もちろん西岡選手も応援しておりますよ(笑)


それでは、また次回!!


roland-garros
■プレイバック動画
Top5!こんなラリーが見たかった!
特に、3位「ガエル・モンフィス」のジャンピングレシーブは凄い!!
(2013年決勝)ナダル VS フェレール
決勝戦の最中、コート内に突然の乱入者が!
普段は紛れているSPの対応が早いのにも驚いた。
(2012年決勝)ジョコビッチ VS ナダル
キャリアで唯一全仏オープンのタイトルを取れていないジョコビッチ。2012年に全仏初の決勝の舞台に立った。
wimbledon
■プレイバック動画
(2013年決勝)ジョコビッチ VS マレー
第3セットの10ゲーム目、「Serving for the championship point」を迎えたマレーに対し、この日調子の良くなかったジョコビッチが驚異の粘りを見せます!
(2012年決勝)フェデラー VS マレー
2013年のマレーの優勝は、前年の2012年のこの敗戦後のスピーチから始まった・・のかもしれません。
lindbanner
jtb